コンテンツへスキップ

1

1、初めての失業認定日のため、ハローワーク(以下、ハロワ)に行ってきた

指定された日時がやってきましたので、「失業認定申告書」の提出をするために、ハロワに行ってきました。

千葉県市川のハロワだと、2階に上がったら、右に曲がって突き当たりにある、受付箱に直接投函すればよいだけです。

「初回の認定の方はこちら」的な表示があるので、すぐに分かると思います。

しばらく待っていると、係の方から名前を呼ばれて、「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」を渡していただけました。

「雇用保険受給者証」の裏面には、今回、支給される失業手当の日数と支給金額が記載されておりました。

初回は、待機期間の7日間があるので、21日分の支給です。

1週間以内には、銀行口座に振り込んでもらえるとのこと。

やったー!

次回のハロワは、約1ヶ月後の指定された認定日。

それまでに、なんと原則2回以上の求職活動をしなければならないのです。

しかしながら、現在、私は、離職者等再就職訓練の申込みをしているので、その面接で1回になります。

もしも、面接で落とされたら、即、別の訓練の申込みをする予定なので、それで計2回の求職活動ということで、第2回めは、いきたいと思います。

もちろん、面接で合格すれば、そのあとに受講手続きをハロワですれば良いということのようです。

うわさによると、不合格になる人が多いそうなので、気合を入れて?いや、普通に、自分らしく、面接に臨みたいと思っています。

でも、正直言って、就職目指して勉強したいと考えて申し込んでるのに、不合格と言われたら、困る人って多いんじゃないかな。

失業するは、訓練校は落ちるわって、落ち込んじゃうかも。

どのような選考基準なのか、気になりますが、それは、ハロワの方も全くわからないとお聞きしているので、仕方ないですね。

WEB系の訓練コースで、人気で倍率高いだろうけど、とても受けたい内容なので、出来る限りの思いは伝えたいですね。

画像加工の「Photoshopy」や動画編集の「Premier Pro」を独学で学んでいますが、仕事につなげるイメージが沸かないので、学校でしっかり学んでから、自信をもって、役に立ちたいなと考えています。

2、国民健康保険料を軽減するための書類を提出する

以前のブログでもお伝えした通り、市役所で国民健康保険に加入した際、保険料の軽減するための書類を頂いておりました。

そちらは、「雇用保険受給資格者証」の写しが必要でしたが、無事、ゲットしたので、保険料軽減用の書類と写しを送付いたしました。

よっしゃー、これで、保険料がおおむね半額になるぜ。年間で約20万円ほど軽減される計算です。

本当に助かります。

厚生労働省ありがとうございます!

後日、振込用紙が送られてくるので、確認して、すぐにお支払します。

ということで、次回のキャリアチェンジは、職業訓練校の面接を予定しています。

以上ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺でした。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後まで、お読み頂いてありがとうございます。良かったら、シェアお願いします。

1

【離職者等再就職訓練の申し込みと国民年金保険料の免除申請にいく】

前回のブログでは、ハローワーク(以下、ハロワ)にて、離職票の提出と職業訓練についての相談に行ってきたことをお話しました。

※その【第10話】50歳からのキャリアチェンジはこちら→『ハローワークに離職票の提出と職業訓練の相談に行ってきました』

今回は、その続きになります。

1、ハロワで離職者等再就職訓練を申し込みに行ってきた

離職者等再就職訓練または、公共職業訓練とも言います。

このたび、私が申し込んだのは、5月開講のWeb系の訓練コース。期間は4ヶ月。

事前に頂いた申込用紙に、「コースを選んだ理由」や「このコースをどのように活かしますか」などを記入して持っていきました。

ハロワ市川の総合受付にて、その申込書と受付票を提出。いつものように、2階の職業訓練相談コーナーへ行くように案内してくれました。

そこでは、さらに、合否を知らせるための返信用の封筒(84円切手付き)も提出します。

そうなんです。知り合いの話だと、結構、不合格になるそうです。

申込者が少ないといいなあ、東京のほうが訓練が多いので、みんなそちらに行かないかなあ、とか考えたりしましたが、意味ないですよね。

しかも、受講者が少なすぎると訓練自体が中止になる可能性もありますしね。

以前に、ハロワで相談した際、Web系だと年齢的に厳しいかもしれませんと言われてしまったのですが、何とか受講できるようにアピールしていきまーす。

52歳の底力をお見せしたいと思います。

そして、無事に申し込みは受理してくれました。

来月、4月中旬の面接にて合否が決まるそうです。

面接、今から緊張するーーーと言いたいところですが、さすがにそんな年齢でもありません。

しっかりと自分の思いを分かりやすく伝えられるように準備をするのみです。

2、市役所で国民年金保険料の免除を申請した

次は、市役所です。

事前に、LINEにて、予約してから行ったら、なんと、年金担当の方が、すでに待っていてくれました!

市川市役所のサービスのクオリティには、いつも驚かされます。

そして、国民年金の免除申請に必要なものは、身分証明書・マイナンバーカード(通知書でも可)・離職票または雇用保険受給者資格証です。

また、奥様などの申請をする場合は、世帯主がまとめて出来ますが、離職票または雇用保険受給者資格証が必要になります。

書類の記載も終わって、無事終了。

ただし、免除申請の結果は3ヶ月後くらいに通知が来るのだそうです。

それまでは、年金を払わないようにとのこと。

担当の方は、全額免除になると思いますと言ってくれましたが、4分の3免除、半額免除または恐ろしいことに、却下されたりすることもあるそうです。

それはとっても困るので、ひたすら祈るばかりです。

3、退職金に関する書類が到着してました

そんなこんなで、帰宅すると、先月末に退職した会社より書類らしきものが届いておりました。

対応が早い!ありがとうございます。

書類は退職金に関するもので全部で4つ。

  1. 脱退・選択一時金給付指図書
  2. 年金給付指図伺
  3. 退職所得申告書
  4. 返信用封筒

2.は、60歳から10年間に分けて年金としてもらうための書類。

私は、そんな余裕ないので、1を選択。

3.は、これを提出しないと所得税を払うことになっちゃいますので忘れないようにしないとですね。

確定申告で戻ってくるとはいえ、あらかじめ、きちんと提出しておいたほうが絶対に良いはず。

注意書きで書き損じると再提出になるようなので、始める前に瞑想してから慎重に記入。

人生でここまで気持ちを込めて字を書いたのは初めてかもしれません。

何とか間違えずに終えることが出来ました!

後ほど投函してきます。

それにしても元の勤め先の対応が早いので助かります。

⇒続きの【第12話】50歳からのキャリアチェンジ『ハローワークで初めての認定日&市役所へ国民健康保険料の軽減を申請』はこちら

以上ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺でした。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

シェア・拡散していただけると嬉しいです!

2

前回は、ハローワークに失業給付金申請、市役所には、国民健康保険と国民年金の手続きをするために行ってきたことをお話しました。

【第9話】はこちらです→50歳からのキャリアチェンジ『退職後、すぐにハローワークと市役所で手続きをしよう!』

今回は、2つの目的でハローワークに行ってきたお話をしたいと思います。

1、離職票の提出

離職票の代わりに、退職証明書にて、失業給付金の申請を行い、ハローワークの方で処理・手続きを進めていただいてましたが、最終的には、離職票を提出しなければなりません。

だったら、始めから、離職票が退職した会社から届いてからの提出で問題ないと思う方もいらっしゃるかと思います。

もちろん、そちらの方が、一度で済むので良いのですが、失業給付金を受け取るのが遅くなります。

それでも問題ない方は特に必要のない作戦です。

要するに、離職票が届くまでの期間、申請ができないので、一週間から10日程度遅れるのではないかと思います。

※今回は、会社都合の退職のケースで話を進めていますので、ご了承ください。

具体的に、私のケースですと、3月1日に退職前に用意していただいた「退職証明書」で失業申請を行った時に、認定日(3/29)を決めてもらえたので、その日から3日後くらいとのことでしたので、4月1日ごろには初回の失業給付金を得られる予定です。

期間は、約1ヶ月ですね。

こちらと比べて、通常ですと、離職票が届いたのが3月10日だとすると、翌日(3/11)にハローワークで申請したとして、その時点で、認定日を決めると思うので、あくまで予想ですが、4月8日ごろになるのではないでしょうか。

そうすると、初回の失業給付金を頂けるのは、4月12日ごろになると思われます。

無職の10日間の差って、結構きつくないですか。

しかも、失業して、時間だけはあるので、離職票が届くまでの期間、ぼーっと家で待っているのは避けたいですよね。

なので、出来れば、退職前に「退職証明書」を会社に出してもらうようにしましょうね。

2、職業訓練の相談

以前のブログでもお話したように、2月に相談に来た時は、タイミング悪く、希望する職業訓練校の募集が出ていなかったため、再チャレンジしてきました。

【第8話】のブログはこちらです→50歳からのキャリアチェンジ『失業給付金と職業訓練について』

実は、先日、ハローワークに置いてあるパンフレットをもらっておいて、目星を付けていたのですが、それは、ひとまず置いておきまして、相談すると、担当者が、私の希望している訓練が載っているパンフレットを2冊(東京版と千葉版)ご用意してくれました。

それは、事前に調べていた内容ではなくて、全く知らない訓練でした。

しかも魅力的な訓練がかなりラインアップされているのです。聞いてよかった!!!

そこで、私が事前に調べてきたチラシをお見せすると、「それは、求職者支援訓練なので、基本手当のみで、受講手当と通所手当がでないのであまりオススメではない」ということを教えて下さいました。

どうやら、「離職者等再就職訓練(公共職業訓練)」を受講すると「基本手当」に加えて、「受講手当」と「通所手当」を給付してくれるのだそう。

  • 「基本手当」、、、失業給付金
  • 「受講手当」、、、1日500円で最大40日まで(20,000円)
  • 「通所手当」、、、交通費

おおっと、この差は、かなり大きいですね。

もうひとつ、ポリテクセンター千葉でに行われる訓練で気になるものがあったので、聞いてみました。

そちらは、9月1日開講の訓練のため、私の場合ですとその時点で、給付日数の残りが181日以上ないといけないとのこと。

計算すると残り約150日。ということでNG。

なるほど、やみくもに訓練を受けるのを先延ばしにすることは出来ない仕組みなのですね。

それでは、諦めるしかありません。

加えて、教えてくださったのは、7月1日開講の訓練だとギリギリで受けることが出来るそうです。

やっぱり、相談することって、大切ですね。

おかげで、よーーーく理解することが出来ました。

早急に検討して、なるはやで、どの訓練にするかを決めて、申込みをしたいと思います。

以上ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺でした。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

シェア・拡散していただけると嬉しいです!

続きの【第11話】はこちら→『ハローワークで職業訓練の申し込み、市役所では、国民年金の免除をお願いしてきました!』