コンテンツへスキップ

2

離職者支援の訓練学校を本日8月31日をもちまして、無事に卒業することが出来ました!!!

思い返せば、約4ヶ月前の5月6日からの通学の日々は、とても充実した毎日でした。

52歳にからの新たな挑戦はとても有意義な時間となり、今後の人生において、色々な面で活かせるのではないかなと感じております。

#期間中に53歳になりました

この期間で学んだスキルは以下のとおりです。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Photoshop
  • Illustrator

4ヶ月と行った限られた時間の中では、完全に使いこなせるレベルまでには到達しなかったけれど、入り口でのつまずいてしまう部分はクリアできたので、ここからは、自分で勉強しながら使っていけば身についていくのではないかなと思っています。

また、ホームページ制作で時間が押してしまい、ポートフォリオ制作をあまり進められていないので、明日からは本格的に取り組んで、一週間以内には仕上げていく予定です。

さらに、貴重な仲間も出来たので、コミュニケーションを取りながら、楽しく仕事に結び付けられれば良いかなと。

修了式後はクラスメートといつもの公園にて最後のカフェをしてから、ハローワークの手続きに向かいました。

ハローワークの流れとしては、受付→⑨職業訓練コーナー→⑦雇用保険コーナーの順で、約一時間で終了。

次回は、9月の中旬の指定された日時に行くことになりました。

ただし、それまでに、1回以上の求職活動を行わないと失業手当を頂けないので、注意が必要ですね。

いずれにしても、明日から再び完全なる失業者状態なので、時間を無駄にしないように、日々大切に過ごすようにしていきます。

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

※当サイトは、エックスサーバーを2018年から利用しています

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

2

ウェブ・デザイナー目指して、職業訓練校での「WEB デザイン」コースに入学しました!

ということで、GW明けより学校に通い始めました。

何の学校かと言うと、「WEB デザインコース」という職業訓練校です。

目指すは、もちろん、『WEB デザイナー』と思っていたら、この学校を受講し終わると頑張り次第ではありますが他の職種も狙えるそうです。

具体的に挙げておきますね。

  • ディレクター
  • フロントエンジニア
  • デザイナー
  • コーダー
  • プログラマ
  • 社内製作者

これは思っていなかったので、嬉しいかも。

そして、学んでいる(学ぶ予定)内容は、以下の通り。

  1. Illustrator
  2. Photoshop
  3. HTML
  4. CSS
  5. JavaScript

この内容なので、月曜から金曜までの週五日、朝から夕方まで、がっつりお勉強です。

もちろん、それだけでは、全然授業についていけないので、帰宅後、毎日、2時間~3時間程度の復習と予習は必須。

#やや落ちこぼれ気味

そして、週末は1日5時間の勉強漬けの日々でございます。

こんなに勉強したのは、受験以来、、、いや、、、長い人生を振り返ってみても、やまだかつてないテレビ状態。

#頭がパンクしそう

生徒は20代~30代の女性中心で、おっさんは自分だけ。

#よーく見たら、もうひとりいたw

始めは、腰が引けたり、一瞬あきらめかけたりしました。

しかしながら、先生が「渡辺さん、年齢なんて関係ないですよ。しっかりとスキルを身につければ大丈夫です。」と力強いお言葉で励ましてくれるんです。

#感謝しかない #ただし、復習してこないと叱られる

そうなんです。年功序列の世界ではないんです。

イマココで、あなたは何が出来るんですかということですね。

まさに実力がモノを言う世界。

ワクワクしますね。

それと、こんな50過ぎのおっさんを1人だけ合格させてくれた学校への感謝を忘れずに最後まで何が何でも喰らいついていきたいと思います。

#気持ちの強さだけがとりえ

今後は、実際にウェブ制作に取り掛かっていくようなので、徐々にではありますが、制作物もこちらのブログにてアップしていこうかなと考えております。

最後に、授業で使用している教科書はこちらになります。


以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

続きの第16話はこちら

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1

前回は、「職業訓練校の合格」⇒「ハローワークで受講指示」⇒「職業訓練校への受講手続きの書類の送付」、の流れでお話しました。

⇒前回の【第13話】はこちら

1、指定された認定日にハロワへ行く

そして、4月末の指定された失業認定日にハローワーク(以下、ハロワ)に行き、通常のとおり、失業認定申告書と雇用保険受給資格者証を提出。

今回は、職業訓練校の面接(書類選考に変更)とハロワでの受講指示で、求職活動を2回として頂けて、無事、失業手当の受給申請が認められました。

※2日後に入金

2、5月6日開校式(離職者支援訓練オリエンテーション)

月が変わって、5月6日が職業訓練校の開校式でした。

生徒は、私を含めて20名。

予想通り、若い女性が多くて、オジサンは私だけといったところでしょうか。

まあでも、キャラがかぶらなくて良いかなと。

しかもこのコロナ禍なので、恐らく、受講の申込みは多かったんじゃないかな。

本当によく受かったなあ。

合格させて頂いたことに感謝ですね。

そして、先生が年齢なんか関係ない的な方だったので、とても良かった。

とにかく、52歳での通学はワクワクするし、楽しみでしかない。

出来ないことに挑戦して乗り越えていく、って素晴らしいことではないでしょうか。

ここだけの話、JYPエンターテイメントのNizi Project(NiziU)やSixteen(Twice)の影響というか、それらに勇気をもらっているのは間違いないですね。

開校式は、自宅に届いていた書類(通所届)と定期のコピーを提出や訓練受講についてのルールの確認など、約2時間で終了。

3、開校式終了後、訓練校入校の手続きにハロワへ

午後からは、ハロワへ入校初日の手続きに。

その日は、様々な訓練校が始まり、同じ手続きをする人が多いためか、約1時間待ちの混雑。

そこでの提出書類は、以下の4点。

  • 雇用保険受給資格者証
  • 受講指示書
  • 失業認定申告書
  • 公共職業訓練等受講届

これで、訓練校が終わるまで、ハロワに行かなくて良くなりました。

ちなみに、失業手当の支給は、前日の5月5日までの分が数日後に振り込まれる予定。

そのあとは、月末締めで計算して翌月の20日前後に振り込まれるのだそうです。

また、これとは他に、交通費と受講手当(1日500円で最大40日)が支給されます。

なので、500円×40日=20,000円ゲットです。

実際には、テキスト代などで10,000円かかっているので、10,000円プラスといったところでしょうか。

使用するテキストはこちらです。


ここからは、卒業の8月末までの約4ヶ月間。

WEBデザイナーまたはWEB関連で生きていくために、死にものぐるいで、勉強していきます!

今後もキャリアチェンジに関して、何か動きがあればお伝えしていきますので、宜しくお願い致します。

以上ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺でした。

続きの【第15話】50歳からのキャリアチェンジ『4ヶ月集中講座を受講、ウェブ・クリエイターへの道を歩き始めました』はこちら。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後まで、お読み頂いてありがとうございます。よかったら、シェアしてくださると嬉しいです。