コンテンツへスキップ

2022年9月16日(金)仏滅

本日は、花金PPK Walking Footballを開催。

結果的に、15名の素敵な仲間たちが集まってくれましたー

ありがとうございます。

平日夜に、3チームに分かれてウォーキングフットボールが出来る日が来るとは思っていませんでした。

嬉すぃー!

たっぷり汗をかいたあとは、サウナでさらに汗の絞り出し&冷水風呂を繰り返す。

整ったら、「冷やし梅おろし十割そば」からのー「牛乳」

帰りの車中では、Amazon Musicでたまたまかかった「GLAY」の「BELOVED」を熱唱していたら、あっという間に家に到着。

そして、帰宅後は、限定の黒ラベルで締め。

最高の花金活動を遂行することが出来ましたー

これ以上に完璧な花金活動はあるのだろうか?

いや、ある!

が、翌日にダメージが残るので、無いとも言える。

今後もウォーキングフットボールを中心にさまざまなパターンを考えて、広がりを持たせていこうと思います。

#なんのこっちゃ

☆本日の主な活動☆

  • 大学DE勤務
  • 塩浜体育館でウォーキングフットボール
  • 楽天地天然温泉 法典の湯でサウナー
  • 読書

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングフットボールとは新しいウィンドウで開きます

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1

2022年9月2日(金)友引

先週に続いて、今週もハナキンウォーキングフットボールを開催。

今回は、60回目のPPK Walking Footballでしたー

冷静に考えてみると60回って凄くないですか?

おそらく、自分調べですが、ウォーキングフットボールの開催数は日本一だと思います。

今後もぶっちぎりの日本記録を更新し続けたいので、是非ご協力ください。

ということで、今回も平日にも関わらず、15名が集合。

ありがとうございます!

詳細のレポートは後日にして、ウォーキングフットボール後は恒例のスーパー銭湯です。

今週も「笑がおの湯 松戸矢切店」に行ってきましたー

サウナープログラムは以下のとおりです。

  1. 笑福庵で十割そば
  2. 遠赤外線サウナ
  3. 冷水風呂
  4. 露天で整う
  5. 電気風呂
  6. リラクゼーションバス(ジェットバス)
  7. 白湯
  8. 遠赤外線サウナ
  9. 冷水風呂
  10. 露天で整う
  11. 岩風呂
  12. 替わり湯(ワイン)
  13. 高濃度炭酸泉
  14. 牛乳で優勝!

先週の日曜日に来たときは、あんなにサウナハットをかぶっている人がいたのに、今日は0人。

平日は、タオルを巻いている玄人中心なのかもしれない。

サンデードライバー的な感じですかね?

ちょっと何言っているのか分からないのでこの辺で終了。

帰宅後は、ファミマの「肉そぼろ豆腐」とビールで締め。

最高のハナキンでした!

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

>>翌日の日記はこちら

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1

2022年8月28日(日)先負

今日は朝から大忙し(汗)

でも心は亡くしてないですよー、って仕事じゃないし。

  • シニアリーグサッカー(45歳以上)のメンバーを最終決定
  • WEリーグカップ「浦和対新潟」をYou Tube視聴

そして、一息ついたところで、スーパーへ買い出し⇒シニアリーグサッカー公式戦⇒サウナーと言った流れでしたー

仕事などの関係で、WEリーグカップをまだ観に行けてないのですが、もちろん、今シーズンも全試合視聴する予定。

今日観たチームでいうと、全体的に昨シーズンよりもレベルアップしている感じ。

特に、浦和が面白い。

以前に当ブログで何度もお話した内容ですが、浦和のフォーメーションのこと。

基本、4-2-3-1ですが、戦力的に見て、4-3-3が妥当というか、優勝するにはそこかなと思っていました。

このフォーメーションは、アンカーが肝。

ここにスペシャルな選手がいないと機能せずに失点が増えるだけ。

WEリーグで昨シーズン採用していたのは、ベレーザのみ。

ここには、三浦選手がいるので問題なし。

レジーナも採用していたが、そこまでの選手はまだいないので難しかったが、監督が素晴らしいいので、途中で、4-2-3-1に変更。

そこから躍進を遂げています。

話を浦和に戻すと、アンカーの柴田選手は、超絶テクニシャンでキャプテンなので信頼度抜群。

但し、守備面ではフィジカルがそれほど強くないので、脇を固めるインサイドハーフが重要になってくる。

そこは、日本代表の猶本選手と塩越選手がいるので全く問題なし。

明らかに攻撃力がアップしている。

昨年は、攻めまくりながらも決めきれずに、引き分けや逆転負けが多かったので、今年は期待できそう。

やっぱり浦和がもっと強くないとINACに独走されちゃいますからね。

さらにいうと、スリートップになることにより、右ウィングの清家選手がめっちゃ活きる。

もうひとつおまけに、ワントップの菅澤選手が、左右に流れなくて良いので、得点が倍増するのではないかと予想される。

ビジュアル面では、新ユニフォームの色合いと襟がおしゃれになってパワーアップしている点も見逃せない。

今シーズンの浦和は要チェックです!

シニアリーグサッカー(45歳以上)は、前半0-1で折り返すも、後半3得点の逆転勝利!

今日の戦術「トライアングル」効果あり。

サッカー人生で一番気持ちの良い試合だったかもー

しかも同点ゴールのアシストを記録。

最高!

帰宅途中にスーパー銭湯で思いっきり整いました!

詳細はFacebookに投稿。

なかなか充実した日曜日でした!

おまけに、ガリガリ君の大人バージョンのマンゴーがヤバいくらいウマウマでした!

普通のソーダ味と悩んだけど奮発してよかったぁー(ローソンで108円)

サッカーをしたアトというのもあったと思いますが、これだけで幸せホルモンが分泌されました。

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

>>翌日の日記はこちら

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。