コンテンツへスキップ

楽天スーパーセールで購入した『soccer junky』手帳型スマホケースが届きました。

今まで使っていたのは、同じサッカージャンキーの手帳型スマホケース「フリーキッカー」。

あれから、約一年半。かなり使い込んでいるせいか、汚れというよりも色々な部分が削れてしまったり、割れてきているのでそろそろ買い替えようかなと思っていました。

さらに楽天スーパーセールが始まるということで購入に踏み切りました。


今回は、先日、突然、60歳の若さで亡くなられたサッカー界の英雄に哀悼の意を表してマラドーナがメインの作品「マリーシア2」を購入しました。

受注生産のため約10日で到着。

おもて面には「SECRET TRAINING OF ARGENTINA! LEARN HOW TO DO THE HAND OF GOD」と英語での記載あり。

私なりに翻訳すると、「神の手のやり方を習得するためのアルゼンチンの秘密訓練」

神の手のトレーニングってめっちゃふざけていて面白いですね。

マラドーナが監督として教えているし 笑

「神の手」による実際のゴールシーンはこちら↓

このゴールは認められましたが、動画で見ると本当にわからないですよね。

レフェリーの角度だと確認するのは難しいかなと思います。

VARがあったら、ノーゴールで、さらにマラドーナにイエローカードが出ていたかもしれません。

はなしをスマホケースに戻しますね。

メンバーを見ると私の知識不足で全員の名前をお伝えすることが出来ません。

現時点でわかるのは、一番左→パラシオ、左から3番目→イグアイン、左から4番目の背中を向けている→ディマリア、右端→メッシの5名で、残りの2名が分かりません。ごめんなさい。

出来る限り今後も調べて、わかり次第、更新するようにいたしますが、もしお分かりの方がいらっしゃいましたら、コメントなどで教えて頂けたら幸いでございます。

実は、前述の「フリーキッカー」購入時のブログでも2名ほどわからない、というよりも間違えていて、とても優しい読者の方に教えて頂きました。

【室長ブログ|サッカージャンキーのスマホケースをやっと買えました!】

また、iPhone自体をはめ込むケース部分がしっかりしたなあと思ったら、コラボーンさんの販売ページを読むと「シンプルなPCケースから衝撃に強いTPUケースにリニューアル」したとのことでした。

ちなみにTPUとはThermoplastic Polyurethaneの略で、日本語だと「熱可塑性(ねつかそせい)ポリウレタン」という素材のことだそうです。

簡単に言うと丈夫になったよということです(熱には弱いらしい)。

実際にこの部分が割れてしまっていて、スマホ本体がしっかりとホールドされずに若干動いてしまう状態でした。

この点が唯一の懸念材料でしたので、衝撃や傷に強くなったのでとても安心です。

確かに前作より包み込んでいる感じがとても良いですね。

それとデザイン面では、前回のは、おもてうらが同デザインだったので、すこしくどいかなと感じていたので(総勢16名)、うら面のさりげない感じと抜け感がオシャレで気に入っています。

ということでいかがでしたでしょうか。もちろんiPhone以外のスマホでも多くの機種に対応しています。

サッカー好きの方には、たまらないのではないでしょうか。

サッカージャンキーシリーズは、全部で30種類以上あるので、私は、今後も買い替えていく予定です。

その都度、ご紹介していきたいと思いまーす。

それではまた⚽️

【コラボーンでサッカージャンキーのスマホケースを購入する】

サッカーやフットサルの試合中にシンガード(すねあて)がズレたりして気になりませんか?


私は、実に10年ほどこの状態だったため、密かにとても困っていました。

試合中に、横に行ってしまう程度ならまだいい方で、勢いよく走ったり、蹴ったりするとシンガード自体がストッキングから飛び出して地面に転がってしまうこともしばしばありました。

下の画像のようなストッキングストッパーの使用はもちろん、加えて足首回りにはテーピングを巻いて動かないようにはしていたのですが効果なし。

色々と考えた結果、シンガード自体を固定してしまうがいちばん良いのではないかという結論に至りました。

【シンガードストッパー】って知ってますか?

先日、新型コロナウィルスの影響で7カ月も延期していたシニアリーグ戦に参加。

7ヵ月前に購入しておいた「シンガードストッパー」の出番がついにやってまいりました!

上の画像の白に黒のナイキのマークがついているのがシンガードストッパーです。

これで、ストッキングを上げて、ストッキングストッパーで止めて出来上がり。

マジックテープで締め付け具合は調節できるのですが、かなりきつめの設定のため、走っても足を振ってもシンガードはピクリとも動きません。

実際に試合中にシンガードの存在を完全に忘れていました。最高です!

何で10年間も気づかなかったんだろう。

あの10年間を返して欲しいw というのは大げさですが、本当にストレスが無くなり嬉しい。

さらに、シンガードが動かないのでストッキングも落ちてこなくなっているという相乗効果もあり。

快適ですねー

ちなみに、2020年11月1日現在、画像のシンガードストッパーは残念ながら販売されていませんでした。

しかしながら、その他にも色々な種類のシンガードストッパーが発売されていましたので、いくつか掲載しておきますね。



また、ちょっと値が張りますが、下の画像のようなシンガードをまるごと包んでしまうタイプもフィット感が良さそうですよね。


ということで、いかがでしたでしょうか。ちっちゃな品物ですが、きっとあなたの今後のサッカーライフをさらに快適で楽しいものに変えてくれるアイテムだと思いますので是非これを機会に購入してみましょうね。

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れます↓

こんにちは。千葉県市川市でウォーキングサッカーというスポーツの普及活動をしている敏わたなべです。

まだまだ知らない方が多いので、再度書かせていただきます。

ウォーキングサッカーに興味があるけどルールなど今一つピンと来ないですよね?そんなあなたのために、初心者でもわかるようにウォーキングサッカーのルールを解説していきます。

この記事を読めばウォーキングサッカーのルールがわかるので、恥ずかしい思いをすることもなくなりますし、初回から楽しくウォーキングサッカーをプレイすることができますよ。

ウォーキングサッカーの基本的なルール 

1.ウォーキングサッカー <全体>

  • コートの大きさは、フットサルやバスケと同じです(屋外でも屋内でも可)
  • 6人対6人(ゴールキーパー含む)で対戦。1チーム9名で交代回数は無制限
  • ボールはフットサル用の4号球
  • 相手ゴールにボールを蹴り入れたら得点1点で多く入れたチームに勝利
  • 歩いてプレー(早歩きはOK)
  • ヘディング禁止
  • 接触禁止
  • ボールを高く蹴り上げない

2.ウォーキングサッカー <フィールドプレイヤー>

  • 相手が持っているボールを取らない
  • スライディング禁止
  • コートの外に出た場合はキックインまたはアンダースローイン
  • 攻撃側も守備側もゴールエリアには入れない

3.ウォーキングサッカー <ゴールキーパー>

  • スローはすべてアンダースロー
  • ゴールエリアを出てはいけない
  • バックパスを受けられる

いかがでしたか?

特に、サッカーやバスケなどの他の球技と大きく違う点は、ボールを奪えない(奪われない)ことです。これはやってみると結構ムズイです。

要するに守備側はボールを持っているプレイヤーの近くでプレッシャーをかけてパスミスやドリブルミスするのを誘発するのです。

そのため、接触することがほぼ無いので安心してプレイできます。

但し、ボールを奪われないからといってむやみにボールをキープしている場合、私たちJWSでは反則としております。

また、サッカーやフットサル経験者の方が反則が多いです (笑)

走ったり、ボールを高く蹴り上げたりさらにはゴールエリアに入ることが圧倒的に多いので経験者の優位性はほとんどありませんのでご安心ください。

それでは、実際にプレイしながら上達目指していきましょう。

もっと詳しくウォーキングサッカーについて知りたい方は当サイトのこちらのページを見てくださいね→「ウォーキングサッカーとは

また、ウォーキングサッカーについてのご質問などは下のフォームよりお気軽にどうぞ。