コンテンツへスキップ

1

1月13日に行われた「インテル」対「ユヴェントス」戦をDAZN観戦した

前年のイタリアサッカーリーグ「セリエA(アー)」の王者インテルと、コッパ・イタリアを制したユヴェントスが一発勝負で雌雄を決するのがスーペルコッパ・イタリアーナ。

※コッパ・イタリアとは日本で言うところの天皇杯

現在、セリエAでは、インテル首位、ユヴェントスは5位の上位対決。

インテルは昨年のリーグ優勝から監督がコンテからシモーネ・インザーギに変わったが引き続き好調をキープ。

一方のユヴェントスは、序盤からの絶不調に対して監督交代でアレグリが戻って来て、徐々に調子を取り戻している状況。

結果的には、先取点を取るなど善戦はしたものの、まだまだチームとしての完成度には開きがあった。

地力に勝るインテルは先制されるも、慌てずに自分達のサッカーを貫いて同点、そして、延長後半残りわずかの時間にアレクシス・サンチェスの劇的なゴールでの優勝を決めた。

本当に最後の最後まで何が起きるのかが予想できないのもサッカーの魅力のひとつ。

この結末には、驚きと感動を覚えました。

得点だけを見ると、2-1の僅差でのインテル勝利だが、内容的にはやはりインテルがかなり優勢だった。

数字で見てみると、以下の通りでした。

  • ポゼッション インテル63% ユヴェントス37%
  • シュート数 インテル23本 ユヴェントス7本
  • 枠内シュート インテル7本 ユヴェントス2本

ポゼッションに関しては、インテルは中盤底のブロゾヴィッチを中心にしっかりと後ろから組み立てるサッカー。

この選手の運動量が凄くて、アンカー的な位置でのビルドアップから、攻撃時にはペナルティエリアまで上がってくるので、マンマーク気味に相手が付いてきているものの、付ききれていないシーンが多かった。

インテルのフォーメーションは3-5-2で、両ウィングバックの運動量も凄まじい。

特に左サイドのペリシッチは相変わらず、攻守に活躍。

足が速い、体力がある、さぼらない、左右両足で精度の高いキックが蹴れるので、まさに世界最高のウィングバックです。

このふたりはいずれもクロアチア人。

やっぱりクロアチアって、モドリッチも含めて、凄い選手が多いんですね。

それとキャプテンで守護神のハンダノヴィッチ。

昔からPKストップには定評がある名ゴールキーパーだが、しばらく見ないうちに、すこぶる足元の技術が上がっていてびっくり。

そういえば長友選手が在籍していた時からインテルですね。

特に、センターバックとのパス回し中に相手に詰められた時のロングキックの精度が素晴らしい。

どうしても相手フォワードが近づいてくるとあわててクリア気味になるキーパーが多いが、ハンダノヴィッチに関しては、一度もそのようなシーンはなく、全て、狙って蹴っていた。

そのキックの行き先は、ツートップのことが多いので、チームとして決まりがあるのだと思う。

いずれにしろ、キックの精度は、マンチェスター・シティのエデルソンと比べても遜色ないハイレベル。

シュート数では、やはり押し込んだインテルが、ミドルシュートやサイドからのクロス攻撃でのシーンが目立っていた。

ツートップのひとり、ジェコのポストプレーも効いていて、そこに縦パスを当ててからの追い越す動きも効果的。

このように、インテルは多彩な攻撃が魅力的なチームで、ペナルティエリア内で仕掛けられるので枠内シュートも増えるのだと思う。

交代も含めてのツートップで起用されたメンバーを見てみると、ジェコ、ラウタロ・マルティネス、アレクシス・サンチェス、ホアキン・コレアっとどれをとっても世界レベル、強力過ぎる。

解説者が言っていたが、昨年と比べて、さらに攻撃が良くなっているとのこと。

きっと、今シーズンから着任したシモーネ・インザーギ監督の影響が大きいのではないかと思われる。

彼の現役時のアイディアやひらめきは誰とも違うスペシャルなものでした。

その領域を伝えられるのは彼しかいないので、フォワードの選手から見たら大きなプラスだろう。

そして、ユヴェントスの方は、キエッリーニが戻ってきてディフェンスラインは良くなった印象だが、4-4-2で守備ブロックをしっかり作って守るのが精一杯だった。

戦術もあるが、このレベルになると、中盤を支配できるようなスーパーな選手がいないと押し返せないため、ちょっと厳しいかなと。

例えば、インテルでいうと、前述のブロゾヴィッチ、レアルマドリードだとモドリッチ、マンチェスター・シティはデ・ブライネなど。

中盤に違いが出せる選手がいるかいないかは結果に出てくるので今後の移籍などで獲得が必要かもしれません。

また、フォワードにはスペシャルな選手であるキエーザがいるのですが、残念ながら先日のローマ戦で前十字靭帯を痛めてしまい全治6ヶ月となってしまいました。

彼がいれば、ワンチャンあったかも。

先発したモラタはアシストを決めるなどの活躍でしたが、リーグ戦で5得点とやや少ない印象。

ディバラが6ゴールなので、せめて10点くらいはとって欲しい。

ユヴェントスのフォーメーションは4-2-3-1なので、このメンバーだと1トップを務めるのは厳しいかなと。

クリスティアーノ・ロナウド級の選手が欲しい。

ツートップやスリートップまたは、3-4-2-1のワントップ、ツーシャドーのほうが攻撃に厚みや迫力が出るのではないか。

いずれにしろ、戻ってきたアレグリ監督はディフェンスラインからテコ入れしている最中なので、もうしばらく様子を見ましょう。

そんなこんなで、イタリアサッカーを心ゆくまで楽しめる「DAZN(ダゾーン)」。

まだ利用したことない人はこの機会に是非使ってみて下さい!

トライアル1ヶ月無料のリンクをすぐ下に貼っておきますので良かったら使ってみて下さいね。

それと「DAZN」はとっても安心設計。

途中解約や停止など、簡単にいつでも出来るので、お気軽に使ってみて下さい。

例えば、シーズンオフの月は、一度停止して、シーズンが始まったら、再開するなど、月単位にはなりますが、とっても使い勝手が良いのです。

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1

イタリアサッカーリーグの『セリアA』をDAZN観戦しました!

1月10日にローマのホーム「スタディオ・オリンピコ」で行われた一戦。

20節終わって、ローマは6位、ユヴェントスが5位の上位対決。

最近、セリエA(セリエアー)を全く観ていなかったので、この名門同士の対戦は面白いかなと思って視聴してみました。

監督もローマはモウリーニョ、ユヴェントスがアレグリと名将同士の対決でみどころ満載です。

と思ったら、何とアレグリは前節に暴言問題を起こしていたため、今節はベンチ外とのことでした。

試合は予想外の激しい打ち合いに。

結果は、3-4でユヴェントスの勝利!

一時的に、3-1とローマに2点差を付けられたが、その後、69分、71分、76分と立て続けにゴールを決めてのミラクル逆転勝利!

4点目の決勝ゴールを決めたのは、左サイドバックのデ・シーリョ。

確か、本田選手がミランにいた時のチームメイトですよね。

4点を決めたユヴェントスは当然ながら素晴らしいが、4点取られたローマは不甲斐ないというか、モウリーニョのチームなのに守備が緩い。

特に、センターバックのスモーリングとイバニェスはマーク、プレッシャーが弱いのとディフェンスラインの統率力に物足りなさを感じた。

スモーリングの髪型は完全にイタリアかぶれって言ったら失礼ですがちょっと、、、違うw

プレーも軽かったし。

攻撃面は、ムヒタリアンやキャプテンのペッレグリーニのテクニックや展開力で悪くないが、サイド攻撃に迫力が足りない印象。

結果的に3得点だが、内容で見ると、コーナーキック、ミドルのディフレクションと直接フリーキックと流れの中で崩して決めたシーンは見れなかった。

この感じだとしばらくは上位3チームに入っていくのは難しいと思う。

一方のユヴェントスは、ディバラやキエーザなどスペシャルな選手がいるのが強み。

キエーザは途中で負傷交代してしまったが、そこまでは存在感を出してたし、ディバラに関しては、一瞬のスキを逃さずにペナルティエリア手前からの左足からの正確無比なコントロールショットをしっかり決めていた。

交代で入ったクルゼフスキーやモラタも活躍していたので、やはりユヴェントスも更に上位を目指すためにはディフェンスラインが心もとないかなと。

最後に出てきたキエッリーニはさすがだが、この選手に代わる選手が出てこないとユーヴェの復活はない。

ユーヴェというと、ボヌッチ、バルザーリ、キエッリーニの3バックとその後ろに名ゴールキーパーのブッフォンが思い出されます。

あの頃は嫌になるくらい鉄壁な守備。

本当に強かったなあ。

また、久しぶりにセリエAを観たが、いつも観ているプレミアリーグと比べるとかなり違いを感じた。

プレミアリーグはキックオフから試合終了まで休むことなく走り続けるインテンシティの高いサッカーだが、セリエAは、中盤でしっかり組み立てて、展開するサッカー。

そのため、スピード感は欠けるが、個のテクニック、特にクロスやシュートの技術の高さが素晴らしい選手が多い。

繰り返しでしつこいがディバラの左足やペッレグリーニのフリーキックのシュートスキル半端ないです。

それとサイドを崩してからのクロスボールの質の高さには驚いた。

当たり損ねや狙いと違うようなミスキックはほとんどなかった。

少ないチャンスを一発で仕留める的なイタリアらしさを感じますね。

今節終わって、ローマ6位、ユヴェントス5位は変わらず。

現在の首位はインテル、2位はミラン、そして3位はナポリ。

おおっ!いつのまにかミランがここまで復活してきていたのですね!

とても楽しい展開になっているので今後のセリエAも随時チェックしていきます!

初月無料の動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」でサッカーライフを満喫しよう!

そんなこんなで、イタリアサッカーリーグ『セリエA』を心ゆくまで楽しめる「DAZN(ダゾーン)」。

まだ利用したことない人はこの機会に是非使ってみて下さい!

トライアル1ヶ月無料のリンクをすぐ下に貼っておきますので良かったら使ってみて下さいね。

それと「DAZN」はとっても安心設計。

途中解約や停止など、簡単にいつでも出来るので、お気軽に使ってみて下さい。

例えば、シーズンオフの月は、一度停止して、シーズンが始まったら、再開するなど、月単位にはなりますが、とっても使い勝手が良いのです。

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1

2022年1月7日(金)仏滅

車でジムへ筋トレをしに行こうと思ったが、道路の凍結で事故ったら困るので中止。

こんな日は巣ごもりですね。

イングランドサッカーのプレミアリーグの試合を2試合ほどDAZNで自宅観戦

1試合目が「リーズ」対「バーンリー」で、2試合目が「クリスタルパレス」対「ウェストハム」。

いずれも上位のチームではなかったがプレミアリーグの試合は順位に関係なく最初から最後まで全く手を抜かない。

とってもインテンシィティの高い試合ばかりなので最高です!

ゴールシーンは、ディフェンスとキーパーの間へのピンポイントクロスの質の高さを観て欲しい。

選手としては、ウェストハムの背番号10番「ランシーニ」要チェックです。

☆本日の主な活動☆

  • ネットで仕事探し
  • DAZNでプレミアリーグを視聴
  • 読書

その一年の無病息災を願って1月7日に食べられるのが「七草粥(ななくさがゆ)」。

夕飯で用意してくれたので、松前漬けを入れたらとても美味しくなりました!

これで今年は病気知らずだな、と思っていたら、昨日の雪の影響か、部屋が寒すぎて少し具合が悪いので、早めに寝ることにします。

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

それではおやすみなさい。

Thank you for your time today.

>>翌日の日記はこちら

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

 最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。