コンテンツへスキップ

渡辺敏弘について

こんにちは。当サイト運営者の【渡辺敏弘】です。 千葉県市川市にて、ウォーキングサッカーの普及活動をしています。 よろしくお願いいたします。

こんにちは。

千葉県市川市にてウォーキングサッカーの普及活動をしている渡辺です。

現在は、緊急事態宣言中のため、思うように活動をすることが出来ていませんが、言い訳を言っていても前には進みません。

今後、ウォーキングサッカーを市川市中心に千葉県全域、そして、日本全国津々浦々まで浸透させるために、日夜、勉強していかなければなりません。

ということで、今回は、表紙のインパクトとそこに書かれているサブテーマにピンときての購入です。

【D2C 「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略】佐々木 康裕


初めに、D2Cとは、direct to consumer のことで、企業が直接、お客様に売るということです。

この「世界観」って、とても重要だと思っているのですが、どういうことなのか分かりませんでした。

あまり広げ過ぎてもぼやけるし、狭すぎると誰にも興味を持ってもらえないのでビミョーな感じ。

でも、物が溢れている時代において、この「世界観」を消費者に伝えることって重要ですよね。

最近だと、リアルに買い物する時にいつも思うのは、どれも機能や価格はそれほど変わらないと感じることが多いかな。

最終的には、ちょっとでも安い方ということで決めてしまうことが多いけど、手に入れたあとは、特に、高揚感とか、ワクワクしたりすることって少ないです。

これって、きっと贅沢な悩みですよね。

よく言われている、モノが溢れている時代ということですね。

逆に言うと、購入後、これにして良かった、とか、使用した時に優越感などを味わえる商品が「世界観」のあるブランドってことじゃないかな。

そう考えると、そういった体験は日本だと少なくなっているのかもしれません。

強いて言えば、初めて吉田カバンのポーターを使った時には、感情が動いたかもしれません。

それについて、本書では、あるアメリカのD2C企業である「Away」を例に出して、説明されています。

「Away」とは、スーツケースを販売する会社ですが、『旅のある生活』という「世界観」を売っているのです。

そうです。スーツケースといったモノ、そして、その機能ではなくて、そのスーツケースを使うとこのような人生に変わるよ、豊かになるよ、といった「ライフスタイル」を売り込んでいるのです。

さらには、そこから発展して、旅行に必要なグッズの販売はもちろん、な、なんと、ホテルそのものまで建ててしまうという拡張性。

ここまで行くと、旅そのものをまるごと創作して、提案している感じですね。

スケール感が半端ないですね!でかい!

でも素敵です!

しかも女性2人で立ち上げられたスタートアップ企業なんですよ。

かっこいいですね!

私も、何をやるかは別として、起業する時は、必ず、この「世界観」をしっかりと決めてから初めたいと思います。

自分なりに気付いたポイントを忘れないようにまとめておきます。

  • ライフスタイルを売る
  • 顧客ではなくて、ファンを作る
  • そして、共に成長していく

最後に、起業する方に、とてもためになるんじゃないかと思われる動画を見つけたので、貼り付けておきますね。

「しつこくやる」って、さすがです。堀江さんって、本当に分かりやすくて最高です。

また、ちょっと違うかもしれませんが、キングコングの西野さんがいつもおっしゃっている「作品は届かないと生まれたことにならない」という言葉も胸に刻んでおきたいと思います。

とにかく、決めたら、しつこく届ける。

そう、あらゆるテクノロジーを使いこなして、やりきるんだ!

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

シェア・拡散していただけると嬉しいです!

1

【ウイニングイレブンクラブマネージャー】サバイバルリーグレベル1で、無敗優勝しました!

2021年2月25日現在の世界ランキングは、前回のブログの46,500位から15,947位とジャンプアップ!

前回のブログはこちら→【ウイクラ】世界制覇への道 その10「スーパースターEXでの優勝を目指して、、、」

直近48試合の戦績は、34勝5敗9分と、途中15連勝もあり好調であります。

やはりサバイバルリーグでの勝利した時のレーディングポイントが大きいのは明らかになりました。

特に、468シーズンの「サバイバルリーグ レベル1」での無敗での優勝(17勝1分)がとても良かったんだと思います。

気がつけば、勝点52と素晴らしい結果でしたね。

いつもでしたら、上位チームとの試合で、勝ちきれなかったり、先制されて逃げ切られたりするケースがありました。

それに対して、今回は、上位チームとの対戦において、強力なメンバーを必ずスタメンにする、そして、相手チームによりフォーメーションを使い分ける、の2つの戦略で実践しました。

その2つのフォーメーションはこちらです。

①4-2-1-3

②3-5-2

どちらもエースのメッシ(25歳)がいい感じで仕上がってきたのがとても嬉しいです。

また、初めてメンバー入りしたカイ・ハフェルツが早くも存在感を出してくれているので今後も期待度大。

ちなみに「カイ・ハフェルツ」ってご存知でしたか?

正直に言うと聞いたこともなかったです。

☆7なのに知らないとは、最近の自信の勉強不足を痛感いたしました。

ので、少しだけ、彼について調べてみました。

カイ・ハフェルツ

  • 国籍 ドイツ
  • 年齢 21歳
  • 身長 189cm
  • 体重 82kg
  • 利き足 左
  • 所属チーム チェルシーFC

※ウィキペディア調べ

昨年チェルシーに移籍してくるまでは、ドイツのレバークーゼンで活躍していたようです。

って、21歳なんですね!若い!

そんなハフェルツの実際のプレーの様子はこちら。

ドイツでは、エジルの後継者とも呼ばれているらしいですが、確かに左足から繰り出されるパス精度、優しさがにじみ出ていますね。凄いです!

しかも、手足が長いのとボールの置く位置がよいので、なかなか奪えそうにありませんね。

で、話をウイクラに戻すと、いよいよサバイバルリーグのレベル2に突入します。

こちらも優勝して、さらに、世界ランキング上げていきたいと思います。

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

それではまた!

Thank you for your time today!

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

良かったら、シェアお願いします!

【初心者・未経験者および、ミドル・シニア 大歓迎!!】

こんにちは。千葉県市川市にてウォーキングサッカーの普及活動をしている渡辺です。

ウォーキングサッカーとは、走れない、ぶつかれない、さらに、ボールを奪えない、奪われない、ので安心で安全な、だれでもすぐに楽しめるスポーツです。

この春から、なにか運動を始めたいけど何をしていいか悩んでいるあなたにおすすめです!

特に、40歳以上のメンバーを大募集しております。

現在、緊急事態宣言中ですが、ようやく感染者数が徐々にではありますが減ってきましたね。

また、4月中旬から高齢者のワクチン接種も決まり、明るい兆しが見えてもきています。

そんな中、1月より中断させていただいているウォーキングサッカーの体験会も再開できるのではないかと思っております。

少し先の3月下旬からになりますが、宜しくお願いい致します。

↓体験会の日程はこちらです↓

3月26日と4月28日は塩浜体育館、それ以外はすべて、国府台(こうのだい)体育館での開催です。

詳しい内容は、下記リンクをクリックしてみてください。

→【トップページ|ウォーキングサッカー体験会の日程】←

新型コロナ感染への対策はマスク着用など、しっかりと行っていきますので、お気軽に参加してくださいね。

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

シェア・拡散していただけると嬉しいです!