コンテンツへスキップ

1

WEリーグカップ「ノジマステラ神奈川相模原」対「サンフレッチェ広島レジーナ」の試合を観に行ってきました!

2022年9月10日(土)神奈川県相模原市にある「相模原ギオンスタジアム」へ2度めの来訪。

チケットは事前にネットで購入。

メインスタンドのエリア指定席で約1,700円(手数料込み)とリーズナブル。

これで陸上トラックがなければ言うことなし。

1、車で相模原ギオンスタジアムへは高速でも2時間を超えるロングドライブ

当日は、正午に車で出発。

市川ICより高速道路を愛車のポルシェちゃんで飛ばしていくものの、降りてからが大渋滞、、、結局、スタジアムに到着したのは、午後2時半ごろ。

やっぱり遠い(笑)

前回はスタジアム駐車場が満車で少し離れた有料駐車場に駐めてしまったが、後から調べたら、周辺にいくつか無料駐車場があったのです。

ただし、今回は、スタジアムの目の前の無料駐車場が空いていたのでスムーズストップ。

試合開始まで1時間ほどあったので、まずは腹ごしらえ。

2、スタジアムグルメ情報  Hi! DINNER

事前に調べておいたキッチンカーを目指しました。

ランチに選んだのは、【Hi!DINNER】さんの「黒カレー」

味玉に豚バラチャーシューがトッピングされた『ステラセット』1,000円をチョイス。

濃厚な黒カレーに揚げガーリックも効いていてウマウマでしたー

他にも、じゃがバター屋さん、たいやき屋さん、お好み焼き屋さんなどが出店されていました。

また、スタジアム周辺やスタジアム内にも飲み物の自販機がフツーにあるので、お財布にも優しい設計です。

ということでビール代わりにメッツを購入。

確か、150円だったと思います。

3、スタジアム情報

スタジアムの周りは高い建物がなくとても開放感があって気持ちいい。

私のいたメインスタンドは1人ずつ座れる椅子タイプですが、逆のバックスタンド側は長椅子タイプで結構おしりが痛くなりました(笑)

また、ゴール裏は、芝生席(上の画像右)。

何とテントを張ってくつろいでいるご家族がいらっしゃいました。

めっちゃ自由な空間なのです。

メインスタンドならどこでも座って良いので、もちろん、推しのレジーナ応援エリアに混ぜてもらいました。

陸上トラックがあるため、ピッチまで遠いのですが、控えに選手は目の前でウォーミングアップしているのでとても近くで見れました。

試合の方は、2-2の引き分けでしたが、後半39分から4点も入るワクワクドキドキな展開でしたー

最後まで一ミリも諦めないWEリーガーたちの姿勢に感動。

2シーズン目を迎えるWEリーグに注目しましょう!

そして是非スタジアムに足を運んで、ライブ観戦してみましょう!!!

スタジアム観戦の良さの1つは、選手全員のプレーが見ることができることです。

テレビだとどうしてもボール中心のシーンになりますが、現地だと逆サイドやキーパー、そして、気になる選手にフォーカスして見ることが出来るのが醍醐味ですね。

「この選手、逆サイドよく見えてるなー、とか、全然見えてないなー」といった楽しみ方が出来ます。

補足ですが、こちらのスタジアムは、メインスタンド側だけですが、屋根がついているので雨天時でも安心。

但し、後ろの席じゃないと濡れそうなので気をつけてくださいね。

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1

日本男子サッカーのJ2リーグ「横浜FC」対「アルビレックス新潟」の試合を観に行ってきました!

2022年6月26日(日)神奈川県横浜市のニッパツ三ツ沢球技場へ

ちなみに「ニッパツ」とは、スポンサーの「日本発条株式会社※」のこと。

※ばねや自動車のシートを中心に製造する大手自動車部品メーカー

当日のだいたいのタイムスケジュールはこちら

  1. 14:30 千葉県市川市発
  2. 15:30 駐車場着
  3. 16:00 三ツ沢球技場着
  4. 18:00 キックオフ
  5. 20:00 試合終了
  6. 20:30 駐車場発
  7. 21:50 帰宅 

こちらに来たのは、おそらく、20年前の横浜マリノス戦だったと思う。

対戦相手は全く覚えていないが、中村俊輔選手と三浦淳宏選手のキックの質が異次元過ぎて驚いたことだけ覚えています。

今回は、友人のK氏がたまたまチケットを無料で入手、お誘いをしていただいたので行ってまいりました!

1、千葉県市川市から車でニッパツ三ツ沢球技場へ

一週間くらい前に車で行くことを決定。

その後、近隣の駐車場の予約を特Pで試みましたがあいにくの混雑で苦戦していたところ、難なくK氏が探してくれました。

どんな手法を用いたのかというと、ナビタイムでルートを検索後、「周辺のスポット情報」をクリックして駐車場のアイコンをさらにクリックすると出るわ出るわ!

特Pのみならず、あらゆる駐車場サービスを一括して検索してくれるのです。

すごーい!

予約出来た場所は、住所でいうと保土ケ谷区で、スタジアムからは徒歩約20分ほど。

でしたが、上り坂がキツイのなんのって、完全に山登りでしたー

が、駐車料金は、550円と格安だったので文句は言いません!

知らない土地で駐車場を探すのって結構大変なので予約しておくのが安心です。

ここからもK氏がGoogle先生を駆使して民家を縫うようにして無事スタジアムに到着。

場外にもキッチンカーが出店されて賑わっていました。

K氏は事前リサーチにより、まずはこちらで一品目のしらす×お肉の弁当をゲットしてました。

私は、K氏におすすめ情報を教えてもらったので、そちらにすることに。

2、スタジアムグルメ情報 「創作アジアン弁当」 まはまぐ

上の写真の入場ゲートをくぐってから、スタジアムに沿って左側に歩いていくと3台のキッチンカーが見えてきます。

これは知らないと困るなあと思っていたら、再入場ゲートがあるので、一度入ってからでも外に買いに行けるんです。安心。

そしてお目当てのキッチンカーを発見!

夏はやっぱりアジアンフードですね!

タコライス、魯肉弁当など、お弁当は3種類ありましたが、こちらの「創作アジアン弁当」950円をPayPayでお支払い。

「1つのお弁当の上に、ルーロー、サテ、ガパオ、ヤンニョンチキン、ヤムウンセンと5種類ものアジア料理が乗り、見た目もボリュームも満点!」

※スタグル通のK氏のコメントを引用

スタジアムグルメの上を行っている感じで最高です!

とにかくウマウマっす!

あっ、それとキッチンカーの並びは、日陰で涼しいので、夏場はそのあたりで食べちゃいましょう!

但し、イスとかはないので、レジャーシートなどがあると女性は安心です。

次回は、タコライスとスイーツをいただきます。

3、「横浜FC」vs「アルビレックス新潟」の頂上決戦はいかに!?

試合開始前までの順位は、横浜2位、新潟が首位で、勝点差わずか2。

ホームの横浜が勝てば首位になる大一番。

予想どおりの熱い戦いになりました。

入場者数は、9,100名でしたが、アウェイの新潟サポーターの多さと熱気に驚きました。

ざっくりですが、9,100名中、半分は新潟サポーターだった気がします、、、って、どうした横浜サポーター。

と思ったのもつかの間、2-0で横浜FCが勝利。

一瞬のすきをついて、ツートップの小川選手と渡邉選手が一点づつゴールを決めての完勝でした。

新潟は良い攻撃を何度もしていたが、決定力不足というか、横浜のキーパーがすごかったかなと。

自分にはGKのブローダーセン選手は、人間ではなく、サイボーグにしかしえませんでした(笑)

ということで、横浜が勝ったため、入れ替わって首位に浮上。

まだまだ今シーズンのJ2リーグは熱い戦いが続きそうですね。

人生で2度めの三ツ沢、そして、人生初のJ2観戦でした。

今回の席は、指定席でしたが、バックスタンド側の端っこ。

とはいえ、そこはサッカー専用スタジアムなので全然問題なく楽しめます。

私が知っている範囲だと埼玉にあるNACK5に近い作りかなと。

当日は、18時のキックオフだったので良かったが、これが日中の試合ならば、日陰が無いので熱中症になる人が続出するのではないだろうか。

逆に、雨が降ったら、屋根がないのでスタグルを楽しむ場所が無い。

今後のJリーグの発展のためには、サポーターに優しい環境つくりがマストだと思います。

プレミアリーグを見習って、1つでも多くのスタジアムに屋根を作って欲しい。

そうすれば、ガチではない、ソフトなサッカーファンも気軽に来れるのではないでしょうか?

是非、新しいJリーグのチェアマンに『サッカー専用×屋根付き』を求める声が届いて、少しでも進歩させていただけたら幸いです。

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1

『キリンチャレンジカップ2022』新しくなった国立競技場に初めて行ってきました!

2022年6月6日午後7時20分キックオフの「サッカー男子日本代表」対「ブラジル代表」戦を国立競技場で観戦してきました。

初の新しい国立、初の生代表戦、初の生ブラジル代表、初の雨の日観戦と初モノづくしの一日でした。

この他にも思い返すと初めてのことが盛りだくさん。

やっぱり初体験っていくつになってもワクワクしますねー

そういえば旧国立に行ったのは、確か高校生のときに高校サッカーを観に行って以来なので、約35年ぶりになるかな。

あと全然しらなかったのですが、旧国立の跡地に新国立を建てたそうです。

勝手に別の敷地に新しく作ったのかと思っていましたw

当日は、フツーの月曜日だったので、仕事帰りにそのまま直行。

総武線にて千駄ヶ谷駅下りると改札は人でごった返していました。

久しぶりの都会、そして、WEリーグ観戦では、だいたい1,000~2,000人くらいの動員に慣れている身にとっては衝撃の人の多さ。

入場前から、テンションが上がってくるのを感じてニヤニヤしちゃいました。

なんだかんだ日本戦は気持ちが高ぶりますなー

そして、試合中に発表された公式入場者数は、何と、、、63,638人!

凄いですねー、コロナ禍にも関わらず、これだけの人が集まるって、日本代表ってなかなか人気あるじゃん、、、いや、ブラジル代表効果かもしれん。

まあ、いずれにしろ、現時点での世界ランキング1位のブラジルがワールドカップイヤーに来てくれるって特別なこと。

そもそもブラジル代表が日本に来るのは、日韓ワールドカップの2002年以来のため、20年ぶりの来日。

これは嬉しいですね。

1、チケット入手法「ファミリーマート先行販売でゲット!」

このマッチメイクを聞いた瞬間に、友人とどうやってチケットを入手するのか作戦を練りに練った結果、5月7日正午からのインターネット受付に、2人で別々に頑張ってアクセスするというシンプルな内容。

先着順なのでつながればチャンスの運任せのチャレンジでしたが、私は不甲斐ないことにあいにくその時間に仕事の関係でパソコンを触れない状況になったため、あきらめかけていたところに、友人からチケットを入手できたとの連絡が入りました。

何もせずに全て友人任せで手に入れたのでしたwww

#Kちゃんありがとう!

位置的には、ゴール裏の前から3番めのロケーション。

ただし、球技場ではなく、競技場のため、トラックなどのスペースの関係で、やはり選手までの距離はそれほど近くなく、加えて、角度があまりないのでピッチ全体は見渡しづらい角度。

また屋根はあるものの、風向きによって結構雨に濡れてしまいました。

もう少し上の方が雨にも濡れず、全体を観るのには良いのかなと。

極端ですが、3階くらいから観るとこんな感じでした。

まあ、近くでネイマールが見れて、3,200円はコスパ的に全く問題ないレベル。

2、スタジアムグルメは、「肉すた丼」と「らぽっぽ」

スタジアムは5階建てで、1階から3階までの各フロアーにお店が入っている作り。

スタジアムの外周にもキッチンカーが並んでいましたが、到着したのがキックオフ1時間前だったのと雨が降っていたので詳しくチェックすることが出来ませんでした。

次回は、早めに来てくまなく調べ上げるので楽しみにしといてください。

混雑するのは予想していたので、事前に友人のKちゃんにスタグル購入しておいてもらいましたー

1階にある「肉すた丼」さんで『豚すた丼』850円を買っておいてくれました!

甘辛ミックスの韓国風?の味付けでウマウマでした!

ごはんも適量でお腹いっぱいになりました、、、いや、こちらと合わせてですが、、、

日本代表仕様の紙コップに入ったキリン一番搾りは800円。

霧雨に打たれながらでも美味いものは美味い!

けれど晴れていたらもっと美味いかも。

それと合わせて生茶のペットボトル300円もおいもで有名な「らぽっぽ」さんで購入。

PayPay払いが使えるのは片手で会計できるのでやっぱり便利です。

店舗が多いためか分からないが思ったほど並んでなくてサクッと買えました!

天気がよかったら、もう一杯、いや、もう2杯飲んじゃったかも。

おいもも食べてたなと。

そう考えると試合終了後もバータイムとかあって、しばらく飲めたりしたりなんかすると楽しいかもです。

特に仕事帰りの人は、そそくさと帰るというよりもどうせなら少し飲んでいくかぁという人もいるんじゃないかなー?

どうですか?

3、試合の結果は、残念ながら日本はクリーンシートに抑えられる

日本とブラジルのスタメンはこちら。

結果は、ご存知だと思いますが、0-1で日本は惜しくも敗戦。

しかもネイマールが獲得したPKを自分で決めた、まさにネイマール劇場でした。

内容的にも7対3でブラジルが主導権を常に握っている展開ではありましたが勝ち目が無かったわけではないかな。

但し、あの布陣では勝ち目は無かったと思います。

何故かというと、メンバーを変えて、ブラジルの左サイドを警戒して、今まで日本代表ではほとんどやったことのない長友を右サイドバックで使ったからです。

合わせて中山を左サイドバックに使うことで、守備的な意識がチーム全体にのみならず、スタジアム全体に伝わっていたような感じがしました。

アジア最終予選で見せたような魂のこもった攻めの姿勢は最後まで観られなかったのが本当に残念。

いつもとおりで負けるのと、守りに行って負けるのは全く違う。

結局のところ、何故、先発で三笘を使わなかったのかということなんですけどね。

折角、世界ランキング1位のチームが来てくれているんだから、韓国代表のように大敗したとしても恥ずかしくないし、ワールドカップに向けての問題点を顕在化できるチャンスだったのにな。

キリンチャレンジカップなのに、チャレンジしないというオチでしたね。

但し、収穫があったのは、古橋のセンターフォワード起用。

格上相手には通用しないというか、機能しないことが判明。

ここは、個の能力で突破もしくは一瞬で決められる可能性のある南野ワントップもありだと思う。

伊東、南野、三笘のスリートップで、中盤は、やはり、遠藤、田中、守田で攻守のバランスを取りつつ、後ろは、山根、吉田、板倉、長友で粘り強く守って、キーパーは、シュミット・ダニエルでハイボール処理とビルドアップで活躍してもらうというのがいいんじゃないかなー。

いずれにしろ、選手たちはみんなできることをしっかりとやっていたので、あとは監督のメンバー選考を含めた戦い方がもっとも重要である。

4、他スタジアムとの比較をしてみよう

6万人規模のスタジアムは他に行ったことがないので比較することは出来ませんが、とにかく圧巻の大きさ。

しかも満員となれば、否が応でもムードは高まります。

人が発するパワーがスタジアム内に溜まっていく感じ。

但し、サッカー専用スタジアムではないのがマイナス点。

やっぱり選手までの距離が遠い。

ボールを蹴る音、止める音、選手や監督の声が聞こえる環境で観戦したい。

収容数が減ってもやっぱりトラック等のない専用スタジアムが良いと思う。

同規模の埼玉スタジアム2002はサッカー専用なので、本年度中にはそちらに行って、しっかりと比較を行なっていきたいと思います。

但し、都内の一等地にあるのでアクセスはめっちゃ良かった。

さすがに6万人超のお客さんなので、スタジアム内から外に出るまではとっても混んでましたが、外に出て、信濃町駅に向かう途中で、徐々に人が減ってきて、スムーズに到着。

ホームもそれほど混んでないのと、千葉方面なので帰宅ラッシュと重なって満員電車を覚悟していたら、まさかのガラガラ。

どのくらい空いているかというと、イス一列の前に4人ほど立っている感じです。

すぐに目の前が空いて、友人と一緒に座って帰ることが出来ました。

予想外にノーストレスで帰宅することが出来ました!嬉しい!

何せ、転職した要因のひとつなくらい混んでいる電車通勤が嫌いなんです。

むしろ車で行こうかと思ったくらいですが、仕事で間に合わなくなるのとビールが飲めないので頑張りましたー。

5、初のサッカー男子日本代表戦を国立競技場で観戦した感想

何だかんだ言っても国立は国立。

とっても素晴らしいスタジアムであるのは間違いない。

なので、また行きたいと言うのを前提にいくつかの改善点を挙げておきたい。

1つ目は、せっかく大きな屋根を付けたのであれば観客が濡れないようにして欲しい。

残念ながら当日は観戦中はずーっと弱い雨が降っていて、ゴール裏の前から3番めの私達の席はけっこう濡れました。

カッパは用意したので身体的には問題ないが、ビールや食事の楽しさが半減してしまう。

やっぱり楽しく飲み食いしながらサッカー観たいよねー

どうせなら、開閉式にしてくれれば良かったなと。

2つ目は、ハーフタイムのトイレが混みすぎて、どこに並んだら良いのかわからないくらい混沌としていた。

スタッフなどが案内や整理してくれたら良いなと思う。

誘導などが全く無かったので結構困った。

3つ目は、弁当や紙コップなどのゴミが帰りに捨てられなかったこと。

スタジアムの外に出るまでゴミ箱が見当たなかった(あとで友人に聞いたら人混みで隠れていたとのこと)ので、結局、信濃町駅まで持っていくはめに。

出口にたくさんスタッフがいたにも関わらず、だれもゴミ袋を持っていないことにビックリ。

何のためにそこにいるのか不思議だった。

彼らに責任は全く無いので、運営者の方は、客導線を考えた誘導をもう少し考えて欲しい。

入場するときのゲートごとの入り方も案内がないので、気がつくと違うゲートに入っていたりして混乱しました。

文句が多くなってしまいましたが、結局、また行きますので、できる限り改善してくれたら、ファンが増えると思いますので宜しくお願いしまーす。

それにしても初のサッカー男子日本代表戦は、いつものサッカー観戦とは全く違うムード、雰囲気を体感することが出来て、非常に良い経験となりました。

次回は気合をお金をもっと入れて、見やすい席をゲットして、応援したいな。

11月のカタールワールドカップでは、夢のベスト8を目指して頑張れニッポン!!!

最後にJFA制作のハイライト映像をご覧ください。

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。