コンテンツへスキップ

【2019年読んだ本】を振り返って


今年は、本100冊読むぞ!

ということで、まずは、2か月間で何冊読んでいるのかを確認です。

ずばり、、、10冊、、、このペースだと単純計算で行くと、10×6=60、、、

60冊ペースです。

昨年が約50冊でしたので、前年越えペースだからいっか、、、いや、ダメダメ!

残り、10か月なので、90÷10=9 1カ月当たり、9冊にペースアップしていきます!

と決意を新たにしたところで、既読本を確認していきましょう。

私の勝手なオススメ度も記載しました(★10個が満点)

□お金2.0                 ★★★★★★★★☆☆ 

□お客様が殺到する飲食店の始め方と運営★★★★★★☆☆☆☆ 

□個人事業の教科書 1年生 ★★★★★★☆☆☆☆

□破天荒フェニックス    ★★★★★★★★★★

□ブランド人になれ     ★★★★★★★★★☆

□新世界          ★★★★★★★★★☆

□99%の会社はいらない   ★★★★★★★☆☆☆

□なんでお店が儲からないのかを僕が解決する             ★★★★★★★☆☆☆

□健康の結論                 ★★★★★★★★★★

□僕の仕事は You Tube        ★★★★★★☆☆☆☆

全部読み終わってみて、やっぱり、個人でお店を出すのは非常にハードルが高いなと言うことを学びました。

なので、お店の開業関連本は、オススメ度が低くなっていますが、開業を決めている方にはとても分かりやすくて良い本ですよ。

そして、これから、自分で何か始めたいと考えている方には、「ブランド人になれ!」「新世界」や「99%の会社はいらない」などを読むとヤル気とイメージが出来るんじゃないかと思います。

「破天荒フェニックス」は、ノンフィクションですが、本当に素晴らしく楽しい内容です。本で、こんなにワクワク、ドキドキしたのは久しぶりでした。仕事を頑張る勇気を頂きました。

また、この中では、異端に見える「健康の結論」は、お医者さんではない堀江さんが書いているので、より患者目線と言うか、50歳の自分にとってはとても参考になりました。

早速、4月5月あたりに人生初の脳検査をしてみます。

今後は、また違った路線の本を探してペースアップしていきます。

Follow me!

コメントを残す