コンテンツへスキップ

1

こんにちは。千葉県市川市にてウォーキングサッカーの普及活動をしている渡辺敏弘です。

普段は、都内でサラリーマンをやりながら、ウイニングイレブンクラブマネージャーでの世界チャンピオンを目指して、日々、努力を続けております。

しかしながら、世界ランキングは、上がるどころか、下降気味。

2021年2月12日(金)14:00現在、、、

ウイクラの世界ランキングは、「46,500位」と下降気味に、、、

そして、当然ながら、クラブステータスも「没落」のDランクに。

レーディングポイントが、5,700では致し方ないのかもしれません。

ここで、今一度、世界ランキングに対して、大いに関係のあるレーディングポイントについて、少し考えてみたいと思います。

レーディングポイントのことは、直近の48試合の結果に寄って算出されるということを以前のブログでも紹介させていただきました。

【室長ブログ|ウイクラ 世界制覇への道 その1】

ちなみに、直近48試合の結果は、スーパースターEX1(カップ戦含む)→6勝12敗7分、スーパースターDiv20→15勝3敗5分です。

EXでの負けが目立ちますね 泣

但し、勝ち、負け、引き分けはもちろん、カテゴリーごとの実際のポイント数はいまのところ、わかっておりません。

感覚的な話になりますが、スーパースターDiv20でいくら連勝を続けてもランキングがあまり上がりません。

今までの最高位は、8,558位で、この時のレーディングポイントは、10,795を獲得しておりました。

どのような試合で多くのレーディングポイントを得たのかを確認してみると、「サバイバルリーグ」での勝利でした。

ちょうど、現在、サバイバルリーグ開催中ですが、こちらは後に残しておき、先に、検証したいことがあります。

それは、スーパースターEXで、優勝したら、世界ランキングが大幅に上がるのではないかということ。

そこで、今回は、歴代最高ではないかと呼び声の高い、こちらの布陣をご紹介致します。

ご覧のように、4-2-1-3のフォーメーション。

守備は、セルヒオ・ラモス主将を中心に強固な守備網を構築しながらも、現役リバプールの両サイドバックが高い位置での攻撃参加。

また、フランス代表コンビとメッシが中盤を支配して、強力スリートップが仕留めるという流れ。

特に、オーバメヤングは得点王争いを独走。ここにメッシが絡んでくれば最強です。

この布陣でのスーパースターEXの戦績は、第5節が終わって、1勝3敗1分と結果にはつながっていませんが、どの試合も1点差の僅差での戦い。

期待のポグバの調子が上がってきていないので、ここが機能してくれば、一気に上位を目指せると感じております。

クラシックトーナメント決勝でのディバラによる美しすぎるゴールはこちら!

最後に、リーグ戦とは関係ないのですが、クラシックトーナメント決勝戦で、あまりにも美しいゴールが決まったので、こちらに動画を貼り付けさせていただきます。

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

それではまた!

Thank you for your time today!

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

良かったら、シェアお願いします!

1

『ウイニングイレブンクラブマネージャーの世界ランキングが急降下!』

こんにちは。千葉県市川市にてウォーキングサッカーの普及活動をしている渡辺敏弘です。

久しぶりになりますが、2021年1月13日の世界ランキングを発表いたします。

な、なんと、、、37,994位と大幅に落ち込みました (泣)

レーディングポイントが、6,723と全然稼げていません。

直近ですと、スーパースターDiv20でぶっちぎりの優勝したのですが全然だめなのですね。

現在はというと、サバイバルリーグ真っ只中。

ここで連戦連勝してレーディングポイントを稼ぎたいと思います。

そのリーグ戦にて大活躍している選手を紹介いたします!

☆韓国代表で、プレミアリーグでも活躍中のソン・フンミン

イングランドプレミアリーグの2020-2021シーズンでは、ハットトリックを決めるなどの大活躍しているソン・フンミン。

ハリー・ケインと織りなす攻撃は、まさに驚異。トッテナム・ホットスパーズFCにとっては、無くてはならない存在になっている。

数字的にもリーグ戦にて4シーズン連続でふた桁得点を記録しており、名実ともに現役アジアナンバーワンのフットボール選手ですね。

まずは、そんソン・フンミン選手のスーパープレー集をどうぞご覧ください。

①【リアル】トッテナムでのスーパープレー集

スピード・技術・決定力・チームプレイ・気迫と全てにおいて素晴らしい選手ですね!

そして、ウイクラのマイチーム(Ichikawa City FC)では、☆6ながらもツートップの一角として大活躍してくれています。

リアル同様に、固有のプレースタイルは「インサイドレシーバー」のため、サイドプレーヤーでしたが、個人的にどうしても4-4-2の中盤ダイヤモンド型で戦いたかったので、ST(セカンドトップ)に固定。

運良く、プレースタイルにて「ラインブレーカー」を手に入れられたのも幸運でした。

STにしてからというもの、右足はもちろん、左足、そして、頭とどんなところからでもゴールすることができるのです。

特に、右足のコントロールシュートは秀逸。ディフェンダーの寄せが少しでも遅れようものなら、軽く決めてくれちゃいます。

そんな、ソン選手のハットトリックの動画も合わせてご覧くださいね。

(ピャニッチ選手のシュートシーンはカットし忘れです。ごめんなさい)

②【バーチャル】ウイクラでのハットトリックシーン

一瞬のチャンスを確実にものにしてくれる頼もしいフォワード、ソン・フンミン。

☆6にもかかわらず、得点王レースをぶっちぎりでの首位で独走中。

この勢いで、サバイバルリーグでの優勝を重ねて、世界ランキングの上位目指して、気合を入れ直していきます!

続きはこちら→【室長ブログ|ウイクラ 世界制覇への道~その10~】

以上、千葉県市川市にてウォーキングサッカーの普及活動をしているJWS代表の渡辺敏弘でした。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

よかったら、シェア・拡散おねがいします!

1

2020年12月9日(水)14:00 世界ランキング8,558位にジャンプアップしてました!

いよいよ世界が見えてきました(まだ早い!)。

現在は、引き続きサバイバルリーグ中ですが、そこでの連勝って思っていた以上にポイント高めかもしれません(レーディングポイント10,795)。

さらに、クラブステータス 名門 は悪くないですよね。

で、このあたりのランキングだと他のプレイヤーはどんな国の人がいるのかなと気になったので確認。

ふむふむ、ブラジル、韓国、スペイン、中国、ポルトガルとかなり国際色豊かです。

本当に世界中とつながっているのですね。楽しー!!!

これは、もしもトップ10にランクインするようなことがあれば、結構な有名人になってしまうかもしれませんね。

ますます燃えてきました!

で、今の基本フォーメーションはコチラです。

4-3-3で中盤は逆三角形での構成。トリッピアー、ティアゴ、ソンフンミンがまだまだ成長過程ですが、ここが上がってくればかなり行けるのではないかと考えています。

それと、グリーズマンは中盤で起用すると攻撃にバリエーションが増えるのと自身でも得点できるので助けられています。

また、敵チームの対4バックがキツイときには、こちらの布陣に変更しています。

3-4-3の中盤がダイヤモンドの攻撃的なフォーメーション。

こちらはハマれば得点力がかなり上がります。

但し、3バックで能力の低いディフェンダーがいるとカウンターやクロスで決められてしまうこともあるので気を付けましょう。

ということで、まずは、サバイバルリーグの優勝を目指して頑張ります。

続きはこちら→【室長ブログ|ウイクラ 世界制覇への道のり その9】

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓