コンテンツへスキップ

【ウイクラ】世界制覇への道 その16『ふたりのレジェンド』

ウイクラのサバイバルリーグ・レベル2を突破できず

2021年5月27日14:00現在の世界ランキングは、9,321位とやや持ち直したものの今ひとつ上がりませんでした。

要因としては、やはりサバイバルリーグのレベル3での優勝を2回連続で逃したことかもしれません。

終盤は、守備が崩壊して、3つも星を落としてしまった。

これ以上やっても優勝するためには力が足りないので、一旦終了。

スーパースターEXに戻って、チームを組み立て直すこととする。

そして、フォーメーション的には、ディフェンスに重きを置いているように見せながら、あるレジェンド選手を軸とした攻撃で、まずは、スパスタEX.div1を優勝する。

そのフォーメーションは、5-1-3-1。

5バックでありながらも、攻撃時には、運動量豊富な両サイドバックが高い位置までオーバーラップするので、3-1-3-3と攻撃的な布陣である。

#後ろはマルディーニが何とかしてくれる

そして、そのレジェンド選手は、こちら。

フランク・ランパード(元イングランド代表)

ウイクラ

トップ下やや後方に配置するも勢いのある飛び出しで決定的な仕事を期待したい。

サイド起点の攻撃の組み立てなので、実際に、フリーでアタッキングサードに侵入してズドンと決めてくれている。

そして、ランパードの代名詞である力強いミドルシュートをご覧ください。

現在、スパスタの方は、無傷の5連勝。

この勢いで、Div.1、Div.2と連覇して、Div.3への昇りつめたいですね。

そして、久しぶりに、星6でおすすめしたい選手がいるのでご紹介します。

ネルソン・セメド(ポルトガル代表)

実際のプレーは見たことないですが、昨年までバルセロナに所属していたようです。

どうりで、サイドバックながら、ルーレットやダブルタッチなどのスキルが半端ない。

分かりやすく言うとブラジルのダニエウ・アウベスに近い攻撃的な感じ(あくまでウイクラな中での話です)。

普通に、ペナルティエリアに入って、ダブルタッチとかしちゃいますw

でも得点のほとんどは、コーナーキックからのヘディングシュートかな。

右サイドでのメッシとのコンビでは、ほぼボールを取られないので安心。

星7選手の不在時には是非、投入してみましょう!

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。良かったら、シェアお願いします。

1 thought on “【ウイクラ】世界制覇への道 その16『ふたりのレジェンド』

  1. ピンバック: 【寝るまえ◯行日記】♯85 | ウォーキングサッカー⚽️健康寿命延伸室 JWS

コメントを残す