コンテンツへスキップ


ようやく「ニュータイプの時代」山口 周著を読み終えて頭がよくなった気になっている敏わたなべです。

山口さんの本は哲学的で読むのに時間がかかりますが手応え十分なので必死にノートにメモりながら読んでます。

ところでウイクラですが、結果から言いますとあえなく惨敗です。

前半は上位をキープしていたのですがご覧のとおり失点が多くなってしまいズルズルと順位を下げて7位でフィニッシュ。

センターバックの控えが手薄だったのが敗因の1つ。

次回はサブメンバーを充実させて臨みます!


サバイバルリーグはレベルが上がってくると下の画像の右側。選手特性の発動されるととても厳しいですよね。

「対3バック」と「対4バック」のパターンが多いので4バックのみでは戦い抜けないと判断。バリエーションとしてを3バックを準備してみました。

どうしても点取りたいのでアルゼンチンコンビのツートップを選択。

劣勢時はスーパーサブで33歳のペリシッチを投入。サイドよりもツートップにするとめっちゃ得点してくれます。頼れる男です。

と言うことで、2つのフォーメーションを上手く使い分けることができて、、、

サバイバルリーグ レベル3 初優勝!

ご褒美はこちらでした!

19歳 星7のマルセロでした!

レベル4も勝つぞ!!!


最終戦で苦しみながらも何とか勝利して、初のレベル2優勝しました!

フォーメーションはこちら

4ー4ー2の変形。基本はサイド攻撃。控えのテベスはサイドも中央も出来るようポジショントレーニングしてあるのでユーティリティーに大活躍。

また、右SBのセルジも中盤できるので助かります。左SBのメンディーは攻守共に協力で頼りになりますよ!

CBの2人、マグワイヤとラポルトは空中戦はめっちゃ強い上にビルドアップも出来るので安心です。

更にその前のアンカーのエンディデイ。これがまた守備力も高いのに加えて足元も上手。特に思い切りの良い縦パスは◎

ツートップのイカルディとペリシッチは超強力なのは言うまでもないですが2人とも三十路を超えているのでフッキと新加入のジェズスを育成しながら戦っていきたいと思います。

サバイバルリーグは連戦なのでユーティリティープレイヤーと控え、そう、チームの総合力が問われるんですね。

と言うことで次はサバイバルリーグ レベル3に初挑戦します!!!