コンテンツへスキップ

2

ウイニングイレブン・クラブマネージャーのサバイバルリーグでレベル2優勝!

約3ヶ月ぶりのウイクラブログ更新になってしまいましたが、その間もコツコツと毎日休まずに世界一を目指して励んでいました。

そんなこんなで、8月21日14時現在の世界ランキングは、8,363位、クラブステータスランクはBと悪くないけど、良くもないかなと。

そんな中でも、久しぶりのサバイバルリーグにおいて、レベル2での優勝は良い流れ。

2敗はしてしまいましたが、2位との勝ち点差は8と終盤の連勝で大きく引き離したことは良かった。

折り返しての10戦目から、戦い方を見直してことが勝利につながった。

その見直した点はというと、ワントップを止めて、ツートップまたはスリートップで、より攻撃的なサッカーを目指しました。

ディフェンスラインは、4バックを基本に、相手に応じて3バックへ変更した戦いを選択。

メインのフォーメーションおよびメンバーは以下の通り。

真ん中は、ピケ、ボヌッチとアンカーのカゼミーロでがっちり固めて、両サイドバックのオーバーラップを促して、それにレジェンドの二人が絡んでのサイド攻撃から、ケインが仕留めるのがメイン。

また、サイドが崩せないときは、ケインが開いて受けて、アルカンタラ、ネドヴェドとアザールでの中央からのミドルでの得点パターンを構築。

スリーバックのときも両サイドからの崩しは一緒だが、ネドヴェドとスコールズの両レジェンドのクロス制度が高いので、しっかりとケインが決めてくれちゃいます。

また、この布陣では、トップ下のディマリアが突然、輝きを放つのです。

結構、ケインとムバッペの間に割り込んできて、ゴールを決めてくれるんです。

今回のハリー・ケインの決定率は神レベル!?

それにしても今回のハリーはひと味もふた味も違くて、ものすごい決定率。

ご覧のように、108試合の出場で、99ゴールって素晴らしい!

アシストも合わせたら、毎試合、必ず得点に絡んでいる計算ですね。

そんなハリーの得点シーンはコチラ。

この勢いのまま、さらにサバイバルリーグを勝ち進めていきたいと思います。

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。良かったら、シェアお願いします。

2

こんにちは。千葉県市川市にてウォーキングサッカーの普及活動をしている渡辺敏弘です。

普段は、都内でサラリーマンをやりながら、ウイニングイレブンクラブマネージャーでの世界チャンピオンを目指して、日々、努力を続けております。

しかしながら、世界ランキングは、上がるどころか、下降気味。

2021年2月12日(金)14:00現在、、、

ウイクラの世界ランキングは、「46,500位」と下降気味に、、、

そして、当然ながら、クラブステータスも「没落」のDランクに。

レーディングポイントが、5,700では致し方ないのかもしれません。

ここで、今一度、世界ランキングに対して、大いに関係のあるレーディングポイントについて、少し考えてみたいと思います。

レーディングポイントのことは、直近の48試合の結果に寄って算出されるということを以前のブログでも紹介させていただきました。

【室長ブログ|ウイクラ 世界制覇への道 その1】

ちなみに、直近48試合の結果は、スーパースターEX1(カップ戦含む)→6勝12敗7分、スーパースターDiv20→15勝3敗5分です。

EXでの負けが目立ちますね 泣

但し、勝ち、負け、引き分けはもちろん、カテゴリーごとの実際のポイント数はいまのところ、わかっておりません。

感覚的な話になりますが、スーパースターDiv20でいくら連勝を続けてもランキングがあまり上がりません。

今までの最高位は、8,558位で、この時のレーディングポイントは、10,795を獲得しておりました。

どのような試合で多くのレーディングポイントを得たのかを確認してみると、「サバイバルリーグ」での勝利でした。

ちょうど、現在、サバイバルリーグ開催中ですが、こちらは後に残しておき、先に、検証したいことがあります。

それは、スーパースターEXで、優勝したら、世界ランキングが大幅に上がるのではないかということ。

そこで、今回は、歴代最高ではないかと呼び声の高い、こちらの布陣をご紹介致します。

ご覧のように、4-2-1-3のフォーメーション。

守備は、セルヒオ・ラモス主将を中心に強固な守備網を構築しながらも、現役リバプールの両サイドバックが高い位置での攻撃参加。

また、フランス代表コンビとメッシが中盤を支配して、強力スリートップが仕留めるという流れ。

特に、オーバメヤングは得点王争いを独走。ここにメッシが絡んでくれば最強です。

この布陣でのスーパースターEXの戦績は、第5節が終わって、1勝3敗1分と結果にはつながっていませんが、どの試合も1点差の僅差での戦い。

期待のポグバの調子が上がってきていないので、ここが機能してくれば、一気に上位を目指せると感じております。

クラシックトーナメント決勝でのディバラによる美しすぎるゴールはこちら!

最後に、リーグ戦とは関係ないのですが、クラシックトーナメント決勝戦で、あまりにも美しいゴールが決まったので、こちらに動画を貼り付けさせていただきます。

そして、世界制覇への道は続くのであった、、、

続きはこちら→【ウイクラ】世界制覇への道 その11『サバイバルリーグレベル1』

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

それではまた!

Thank you for your time today!

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

良かったら、シェアお願いします!

1

2020年12月9日(水)14:00 世界ランキング8,558位にジャンプアップしてました!

いよいよ世界が見えてきました(まだ早い!)。

現在は、引き続きサバイバルリーグ中ですが、そこでの連勝って思っていた以上にポイント高めかもしれません(レーディングポイント10,795)。

さらに、クラブステータス 名門 は悪くないですよね。

で、このあたりのランキングだと他のプレイヤーはどんな国の人がいるのかなと気になったので確認。

ふむふむ、ブラジル、韓国、スペイン、中国、ポルトガルとかなり国際色豊かです。

本当に世界中とつながっているのですね。楽しー!!!

これは、もしもトップ10にランクインするようなことがあれば、結構な有名人になってしまうかもしれませんね。

ますます燃えてきました!

で、今の基本フォーメーションはコチラです。

4-3-3で中盤は逆三角形での構成。トリッピアー、ティアゴ、ソンフンミンがまだまだ成長過程ですが、ここが上がってくればかなり行けるのではないかと考えています。

それと、グリーズマンは中盤で起用すると攻撃にバリエーションが増えるのと自身でも得点できるので助けられています。

また、敵チームの対4バックがキツイときには、こちらの布陣に変更しています。

3-4-3の中盤がダイヤモンドの攻撃的なフォーメーション。

こちらはハマれば得点力がかなり上がります。

但し、3バックで能力の低いディフェンダーがいるとカウンターやクロスで決められてしまうこともあるので気を付けましょう。

ということで、まずは、サバイバルリーグの優勝を目指して頑張ります。

続きはこちら→【室長ブログ|ウイクラ 世界制覇への道のり その9】

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓