コンテンツへスキップ

ウィニングイレブン クラブ マネージャー スーパースターDv.12


4-1-4-1

スーパースターDv.13で屈辱の最下位での降格。雪辱のため、現メンバーの戦力を最大限に活かせるシステムを模索。

開幕から、このフォーメーションで戦うと連戦連勝。結果10勝4敗4分でスーパースターDv.12を優勝!1シーズンでの昇格に成功しました。

メンバー

は、後ろから、

GK トルド

DF シュメルツァー、チアゴシウバ、ゴンサロロドリゲス、ヴルサリコ

アンカーは、マティッチ

MF ムヒタリアン、イスコ、ラビオ、クアドラード

FW アドゥリス

戦術

攻撃タイプ カウンター

ビルドアップ ショートパス

攻撃エリア サイド

守備タイプ フォアチェック

プレッシング アグレッシブ

中盤で奪ってから、右サイドのクアドラドが快足を活かしたカウンターアタックが効果的。

カウンター以外では、イスコがキープして時間を作って、左サイドバックのシュメルツァーが良いオーバーラップを見せてくれます。レアリティ★5のシュメルツァーですが、予想以上に働いてくれるので助かります。

また、真ん中が開いてくるとイスコがいい感じでペナルティエリアに侵入。ハットトリックを決めるなどの大活躍もあります。

控え選手

リコ、アスピリクエタ、キエッリーニ、ペレイラ、ストロートマン、ルーカスビリア、ゴンサロマルティネス、ルイスアルベルト、オーバメヤン、ペリシッチの10名

点を取りに行くときは、ペリシッチを左ウィングに入れて更にサイド攻撃の活性化を図ります。また、イスコやラビオが疲れてきたら、ルイスアルベルトを。

逃げ切るときは、ストロートマンを入れて、中盤の圧力を加えてインターセプトを狙ってショートカウンターでダメ押しを取りに行きます。

それにしても、チアゴシウバは最強です。失点が著しく減っています。

リアルでも、ロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦

ブラジル対メキシコ 観ましたが、まあ、センターバック強いです。

ミランダも良いですが、チアゴシウバは知的かつ強さもあり世界最高の

ディフェンダーの一人です。

さて、スーパースターDv.13 優勝目指して頑張ります!

 

 

 

コメントを残す