コンテンツへスキップ

ウイクラ【CLASSIC TOURNAMENT】優勝!


ウイニングイレブン・クラブマネージャーのクラシックトーナメントで3回目の優勝を果たしました。

こんにちは。ウォーキングサッカー普及リーダーの敏わたなべです。

早速ですが、今回のフォーメーションは、3バックシステムを採用。

理由としては、4バックだとサイドバックのオーバーラップした裏を使われての失点で負けることが多いから。

但し守備的になり過ぎて引き分けからのPK戦も避けたいところ。

ということでこちらのスターティングメンバーをチョイス。

3-4-1-2
  • GK テアシュテーゲン
  • 左CB チアゴ シウヴァ
  • 中CB ピケ
  • 右CB セルヒオ ラモス
  • 左WB マルセロ
  • 左DMF ブスケツ
  • 右DMF ビエラ
  • 右WB ベッカム
  • OMF ディバラ
  • 左CF クリスティアーノ ロナウド
  • 右CF レバンドフスキ

両WB(ウィングバック)の攻守に渡る活躍が鍵になってくる布陣だが、ベッカムとマルセロならノープロブレム。

実際にマルセロの攻め上がりからのクロスとベッカムのサイドからの長短織り交ぜた多彩なパスは相手の脅威になっていた。

もちろん2人とも攻め込まれた時のディフェンス力も高いので相手のサイド攻撃の目を摘んでいました。

また、センターバックの3人は本当に強力。何と5試合で失点1に抑え込みました。

ボランチの2人は攻守に黒子役に徹してくれました。特にブスケツが期待以上に守備面で貢献。中盤でのボール奪取は見事でした。

そして、司令塔はパウロ ディバラ。強力過ぎるツートップの良さを思う存分引き出してくれました。

そのツートップのひとりであるクリスティアーノ ロナウドは空中戦で圧巻の活躍。滞空時間長過ぎです!

また相棒のレバンドフスキはどんな体制からでもシュートを打てるオールラウンダー。

特に逆足である左足も強力。決勝戦でも決めてくれました。

前半5分に決めたゴールを最後まで死守して優勝。

ボール支配率は相手に軍配が上がるもシュートを1本に抑えてのクリーンシート(無失点で試合を終えること)。

決勝戦で3バックの良さが出てくれてよかった。守備時の安定感ハンパない!

ロナウド5.5は辛口。確かに決定的なシーンを2回も外したからしょうがないかも。

このフォーメーションの良さは実感できたので、自信を持ってリーグ戦(スーパースターEX)に使っていきたいと思います!

最後に私は千葉県市川市にてウォーキングサッカーという新しいスポーツの普及活動をしています。

ご興味のある方は当サイトのリンクページをご覧くださいね。

https://jerry-w.com/

Follow me!

コメントを残す