コンテンツへスキップ

ウィニングイレブンクラブマネージャー スーパースターDV20で2冠


ウイクラ スパスタDV20でカップ戦優勝とリーグ戦もぶっちぎりでの優勝

11勝2敗5分 勝点38 はなかなか良いシーズンを過ごすことが出来ました。

また、得失点差も26とかなりの好成績。

特に得点王に輝いたルカクは頼りになります。全ての試合でワントップとして起用しましたが、期待以上に活躍してくれました。

フォーメーションは、4-2-3-1と4-1-4-1の併用で戦いました。

4-2-3-1
4-1-4-1

この併用作戦はかなり結果につながりました。

攻撃面では、ベッカム(キエーザ)とジェルヴィーニョがサイドからチャンスメイク、それにギュンドーアンが絡んで、ルカクがフィニッシュするという形は共通でした。

守備面でボランチを一人にするか二人にするかを相手のフォーメーションによって変えました。

具体的には、マンマーク設定画面で確認。相手のセンターフォワードが一人の時はワンボランチ。ツートップの時はダブルボランチといった感じで基本的には決定。

但し、中盤のかみ合わせが悪そうな場合は調整することも。簡単に言うと守備的人員をあまり多くし過ぎないように注意しました。

やはり、ボランチが後ろで余っていると受け身になりやすく、また、ビルドアップも後ろ気味なので、ショートカウンターを受けやすいかなと思います。

それより、中盤のバランスを重視して、素早いショートパスでサイド、インサイドハーフやトップ下のプレイヤーにつながるような配置を心掛けました。

戦術は、以下の通りです。

攻撃タイプ、、、ポゼッション

ビルドアップ、、、ショートパス →後半にロングパスにすることも

攻撃エリア、、、中央 →後半状況でサイドへ変更

守備タイプ、、、フォアチェック →リードしたら基本リトリートへ

プレッシング、、、アグレッシブ

ということで、4度目のスーパースターEX挑戦権獲得しました!

過去3回とも最下位即降格でしたので、今回は何とかリベンジ。スーパースターEX DIV2への昇格目指して頑張ります!

Follow me!

コメントを残す