コンテンツへスキップ

こんにちは。千葉県市川市にてウォーキングサッカーの普及活動をしている渡辺敏弘です。

残念ながら、現在(2021年1月24日)、緊急事態宣言発令中のため、活動休止となっております。

ということで、またまた、おすすめの本に出会うことが出来ましたので、ご紹介いたしますね。

☆言葉にできれば人生は変わる『言語化力』を読んでみた☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

言語化力 言葉にできれば人生は変わる [ 三浦 崇宏 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/24時点)


この本との出会いは、偶然というより必然かもしれません。

著者である The Breakthrough Campany GO代表 三浦崇宏(みうらたかひろ)さんのTwitterでの言葉にいつも感心していて、フォローさせて頂いていました。

どんな方かと調べたら、本を出されていることを知り、読みたい気持ちを我慢できずに手に取りました。

なぜ、それほどまでにこの本を読みたい気持ちになったのかを考えてみると、当ブログの記事はもちろんですが、Twitter、InstagramなどのSNSで文章を考えるときに、なかなか良い言葉が出てこないことを改善したいと感じていたからだと思います。

なので、無意識に三浦さんの言語力に教えを乞いたかったのかもしれません。

そして、やはり結果的にこちらの本からは多くの学びをいただくことが出来ました。

ただし、あまりにも多くの学びがあるため、紹介しきれないので、今回は絞り込んで書いていきたいと思います。

「あなたは、言葉で人を動かすことが出来ますか?」

なかなか他人って思い通りに動いてくれないので、イライラする事ってありませんか。

私は、自分の思いがなかなか伝わらないときに、感情的になってしまい、説明が雑になり、ますます理解してもらうことを難しくしてしまうことが少なくありません。

それに対して、三浦さんは、「人を動かすときの3つのポイント」を丁寧に教えてくれました。

それは、以下の3つでした。

 ①目的を明確にすること

 ②目的に向かうプロセスを明確にすること

 ③主語を複数にすること

こちらのポイントについて、深掘りしてみます。

①目的を明確にすることについては、まずは、「目的」「目標」を混同しないことがとても重要なことを知りました。

どういうことかというと、「目標」はあくまで数値計り知るものであって、それ自信が「目的」ではないということです。

要するに、「目的」とはビジョンであり、言葉であると。

これはとっても重要なことですよね。ここがあいまいだと人の気持は動かないですもんね。

とその前に、ここでハッと気付いたことがあります。

そもそも「目的」が自分の中で明確になっていなかったら、人を動かす前に、自分の気持が動いていないことを。

それでは、誰も付いてくるはずないですね。

②目的に向かうプロセスを明確にすることについては、どのくらいしたら目的を達成できるのかと伝えることが大切だよということです。

確かに、リーダーが目的に向かって「みんなで頑張ろう!」「力を合わせよう!」という声掛けだけでは、なかなか力が湧いてこないですよね。

ここでは、どのくらいやったら良いのかを明確に伝えることにより具体的に集中して取り組むことが出来るということを学びました。

③主語を複数にすることは、シンプルに言うと、動いてもらうときに自分もそこに入れると言うことです。

例えば、何か困難な状況に立ち向かうときに「頑張って!」という声かけではなくて「一緒に乗り越えよう!」のように、主語を「I」ではなくて、「WE」にしようということを学びました。

そう考えると「頑張って!」って、何だか他人事のような冷たい言葉である感じがするかもしれません。

なので、これらの学びを実際にどのように活かすのかを考えてみることに致します。

ですが、今回は少し趣向を変えてみたいと思います。

わたくしごとですが、今年の2月末で28年間努めた会社を退職することになっているにもかかわらず、次にやることが何も決まっておりません。

そこで、人を動かすときの3つのポイント「人」の部分をまずは、「自分」に置き換えて考えていきたいと思います。

人を動かす前に自分を動かさなければなりませんし、そもそも動かす人がいませんでした 笑

→そこで、自分を動かすときの3つのポイントを考えてみる

さきほど記載したとおり、今年は2月末で退職して、その後のことはまだ未定ではありますが、2022年に向けての準備期間ということだけは決めております。

なので、来年に向けて、自分を動かせるように各ポイントを考えていきます。

①目的を明確にすること

一言でいうと、わたしの座右の銘の一つである「道こそゴールだ」の道を身近な人に探してあげることです。

簡単に言うと、ゴールにたどり着くまでの道のり自体を歩んでいる時間が最も幸福感を得られるということです。

わたし自身の道は、現時点では、身近な人にそのゴールまでのを探してあげること、それ自体がわたしの道だと思っています。

なかなか道を決めている人って少ないのではないかと思っています。

そして、その他者への貢献がわたしの喜びであり、幸せであると考えているのです。

②目的に向かうプロセスを明確にすること

ここは、具体的な取り組み内容や数字を盛り込まないといけないのですが、そこまでは今の段階では難しいので、ひとまず、2022年において、わたし以外のひとり以上にその人のゴールである「道」を一緒に探し出すことに決定します。

③主語を複数にすること

ここは、主語を複数に変えるというよりも一緒に複数としてやってくれる人を探すということになってくるということだと思います。

すみません、話が散らかってしまって、分かりづらくなっていると思いますので、最後に、ひとことでまとめてみますね。

人生の道に迷っている人のゴールを探し出しすお手伝いをして、その道のりを一緒に歩いていく。

まずは、これをビジョンとして、今年はコツコツとやっていきたいと思います。

以上、渡辺敏弘でした。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

よかったらシェア・拡散お願いします!

1

【自己啓発の源流「アドラー」の教えⅡ「幸せになる勇気」を読む】

こんにちは。千葉県市川市にてウォーキングサッカーの普及活動をしている渡辺敏弘です。

以前のブログに書いたとおり、あの超ベストセラー「嫌われる勇気」の続編である「幸せになる勇気」を早速、読了いたしました。

まずは、心理学者アルフレッド・アドラーの教えⅠである「嫌われる勇気」のおさらいから始めますね。

この本では、幸福とは貢献度であるということを学びました。

「嫌われる勇気」についてのブログはこちら→【室長ブログ|生きることに迷ったら読むべし!】

☆他者貢献って実際にどんなこと?

おそらく、他者に対して貢献すればするほど、幸せを実感することができるということですが、実際に貢献するって具体的にどういうことかわかりませんでした。

そして、この本「幸せになる勇気」を読むことによって、まだ理解度はそれほど深くはないかもしれませんが、現時点での意見を述べたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え2 [ 岸見一郎 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/15時点)


それは予想していたのと全く違う内容でした。

わたし」だけでもなくて、「あなた」だけに向けられたものでもありません。

誰かに向けて貢献することではないということです。

わたし」ひとりだけが良いのはもちろんダメですが、「あなた」ひとりだけが良いというのもダメだよと。

どちらかだけでは、幸せにはなれないということですね。

重要なのは、「わたしたち」という共同体感覚を持って「わたしたちの幸せ」を築き上げるということだったのです。

最初の「わたしたち」はふたりからですが、これが、より多くの「わたしたち」になっていくことによって、幸せになる人を増やすことが出来るのではないかと感じました。

そうすることによって、より貢献度が増して、より幸せになるということなのではないでしょうか。

☆☆具体的な行動を考えてみる

なので、今後、私が行動するときは以下の点を常に意識していきます。

  • わたし」や「あなた」ではなく、「わたしたち」が幸せになるように考えて行動すること
  • より多くの「わたしたち」という共同体を作って、より多くの人と一緒に幸せを分かち合うこと

例えば、現在、私は千葉県市川市にてウォーキングサッカーの普及活動をおこなっていますが、このJWSという共同体で「わたしたちの幸せ」を築き上げるようにしていきたいと強く思いました。

また、こちらはイメージレベルですが、2022年には、会社のようなものを作って、より多くのみなさんに「わたしたちの幸せ」を実感できるようにしていきたいと考えています。

著者の岸見一郎さんがあとがきでおっしゃているように、「嫌われる勇気」はアドラー心理学の存在を知り、概要を理解するための地図のようなもの、そして「幸せになる勇気」はアドラーの思想を実践し、幸福なる生を歩んでいくための「コンパス」となる一冊であると。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/15時点)


「人生をどうすれば幸せに生きていくことが出来るのか」という問いに対して、この地図コンパスを手に入れて力強く歩いていきましょう。

私は、今後の人生のバイブルとして、フル活用していきたいと思います。

以上、千葉県市川市にてウォーキングサッカーの普及活動をしているJWS代表の渡辺敏弘でした。

ウォーキングサッカーについてはこちらをどうぞ

【トップページ|ウォーキングサッカーとは】

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

よかったら、シェア・拡散おねがいします!

根拠のない思い込みで話したりしていませんか?

はい、私はしちゃっていました。年を取るごとに、今までの経験に基づいて安易に判断することが増えてきますよね。

少なくとも、私は、年々、そういう傾向が強まっている気がしていました。

でも、同時に、本当にそうなのかな? 実は、間違っているんじゃないかな、という疑問視する自分もそこにはいたのです。

そんな自分を変えたいという思いが通じたのか、目の前にこの本が現れたのです。


冒頭、13の質問で始まるのですが、私が正解できたのは、たったの3つ。

しかも全問3択式のクイズにも関わらずですよ。

著者には、チンパンジー以下だと指摘を受けました 笑

確かに、サイコロの出目決めたほうが良いかもしれません。

ここだけの話ですが、正解した3つの質問のうち、知識があり、自信を持って答えられたのは、恥ずかしながら、ひとつだけでした。

この本のサブタイトルにもある通り、「10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」を身につけたいと思いました。

そして、今回は、その10ある思い込みの中からひとつを取り上げてみます。

・犯人捜し本能を抑えるには

何かの問題が起きたときに「誰かを責めれば物事を解決する」ということってありませんか?

みなさんも職場などで経験したことありませんか。

例えば、お客からクレームを受けたときに、対応したものを特定して、叱りつけるみたいなこと。

これだと、その部分は改善されるかもしれないけど、その裏に隠れた根本的な問題には気付けないですよね。

・犯人を捜すより、システムを見直そう!

これって、キングコングの西野さんもいつもおっしゃっています。

問題が起きたら、人ではなく、システムの不備なので、特定して誰かを怒らないみたいなことですよね。

確かに、この思い込みって、とても危険。なぜならば、その失敗や間違いはおそらくわざとやっているわけではない。それを頭ごなしに注意するとそのひとのやる気を著しく低下させます。

また、何か新しいことを提案したり、取り組んだりするチャレンジ精神を根こそぎ奪うことになりかねません。

これって、会社はもちろん、家庭など、あらゆるところでも起きることですよね。

結果的に、そのチーム、コミュニティーやファミリー全体の結束力やモチベーションなど様々なところに悪い影響を及ぼしてしまうでしょう。

この思い込みは、特に気をつけないとですね。

ということで、今後は、犯人ではなく、原因を捜すようにして、どこが問題なのかを明らかにして、問題解決に取り組むようにしていきたいと思います。

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

よかったら、シェア・拡散おねがいします。