コンテンツへスキップ

堀崎公園サッカーグランドで公式戦


埼玉県大宮グランドシニアリーグ第3戦

を戦うために4月28日(日)の昼下がり「堀崎公園」のサッカーグランドに行って来ました!

対戦相手は、いつも2位の強豪チーム

◯アブロ

対戦成績は、昨年は0−1で敗戦、一昨年は、1−0で勝利と近年はいずれも接戦。

ちなみにグランドシニア(以下Gシニア)とは、45才以上の年齢制限ありのリーグ戦で、10チーム総当たりで年間(春から秋)で9試合行います。

私は、35才以上のシニアにも登録しているため、年間18試合ほど参加してます。

当日、私達の試合前に、同じグランドでユースチームの公式戦が行われていた為、多くのギャラリー(保護者)が観戦に来ていたので、駐車場の混雑が凄かったです。

私は運良く、第2に駐められましたが、メンバーの数名は第1にも第2にも駐められず、私の知らない第3とかに駐めたそうです。

そして、メンバー発表。

私は、スタメンで、左ボランチです(下図の7番)。

試合時間は、25分ハーフ。

間もなく、キックオフ。

実は、当日、初めてのゲームキャプテンを命じられてコイントスへ

皆さん、ご存知ですか?

私は、ジャンケンでボールまたは陣地なのかと思ってました (笑)

冷静に考えたら、ワールドカップ観てたら分かりますよね!

コイントスで勝った方が、陣地を選べるのでした。

そう言えば、直前にキーパーのY島さんに、どっちでもいいよと言われてました (笑)

当然ながら、コイントスには勝利!

陣地を決めて、円陣を組んで、気合いを入れる 「いくぜー!」「オー!」

いよいよ、キックオフ!

時刻 14:10 晴天 やや暑い

ピッチ 人工芝 とてもきれい

個人的に、キックオフ直前の緊張感

たまらなく好き

生きてることを実感できる瞬間に

感謝

ピピッー! ホイッスル

KICK OFF!

不運も重なり、あっという間に3失点⤵

全く、ボールに絡めず、マークに付いて行けず、きれいなスルーパス出させてしまう、、、

前半の自己評価は5点満点で1点

今週の調整不足を感じた でもそんなことは言ってられない

だが、最低の出来

後半は、ベンチスタートを命じられる

屈辱、、、

しかしながら、このリーグは、フットサルのように何度でも交代できるのです!

チャンスはある

次ピッチ入った時の妄想をしながら、ベンチで応援

当日、味方の左サイドバックが、本職ではないため、いつものようにオーバーラップからのサイド攻撃が機能していないことを確認

そして、後半10分過ぎに再度左ボランチとしてピッチへ

0−3で負けている状況なので、とにかく、中盤でのボール奪取とボールに絡んでのチャンスメイクをする事に全力で行く

狙い通り、左サイドでの起点作りに成功!

何度もチャンスメイクして、アタッキングサードまで攻め込める

最大のチャンスは、カウンターで、3列目からの飛び出し

トップ下のO川さんとは阿吽の呼吸

これまで何度か成功しているパターン

飛び出しを感じて、裏へ出してくれる人の存在は大きい

そして、ディフェンスラインの裏へ絶妙のスルーパス

高めのボールだったので、右胸でトラップ

敵が右後方から来ていたので、左足でそのままドリブル

ペナルティエリア内へ侵入

左足でシュート!

が、ミートせず

あえなくキーパー正面へ

反省点→右胸で、右斜め前にトラップして、斜めにドリブル

利き足サイドに持ってくるべきでした

また、シュートの瞬間に体を当てられ、体制がやや崩れて、強いシュートを打てなかった

今年、課題にしていたフィジカル面の強化が、まだまだと言う事が浮き彫りに、、、

最高のパスだったのに、、、残念

と言うことで、試合はそのままタイムアップ

◯砂土 0−3 ◯アブロ

今季初の悔しい敗戦でした

次戦の雪辱を胸に、準備

Follow me!

コメントを残す