コンテンツへスキップ

【ロシア ワールドカップ 2018】  仮想 日本代表 フォーメーション   (3-4-2-1)その4


仮想 日本代表フォーメーションもいよいよワントップ編です。

ワントップは岡崎 慎司 選手しかいないです!

主な理由は結果を出せる選手だからです。特にワントップで行く場合、圧倒的な存在感がないと機能しないでしょう。

更に実績も十分ですよね。日本代表として、111試合に出場して、50ゴールも決めています。やはりフォワードはなんだかんだ言っても結果が一番大切ですよね。日本代表50ゴールは歴代3位なんですよ~すごいですよね!

ちなみに歴代のサッカー日本代表ゴール数ランキングは、以下の通りです。

  1. 釜本 邦重 (かまもと くにしげ) 75点
  2. 三浦 和良 (みうら かずよし) 55点
  3. 岡崎 慎司 (おかざき しんじ) 50点
  4. 原 博実 (はら ひろみ) 37点
  5. 本田 圭佑 (ほんだ けいすけ) 36点
  6. 香川 真司 (かがわ しんじ) 29点

上記をみても実績十分ですよね。プレミアリーグでは今シーズンは6得点ですが、世界でも最高の選手が集まっているリーグで点を取っていること自体が凄いことですし。それ以外の仕事、前線からのプレッシングや相棒バーディーを活かす動きはとても素晴らしいです。

「三浦 カズ 日本代表 選ばれないかなぁ」

ちょと話はそれますが、先日友人がぽつりと言った一言です。何かすぐに納得がいきました。ハリルジャパンなら、多分無かったと思いますが、西野新監督ならありえるかも!?

この歳まで、というか、51歳ですよ。しかも現役で、本気で日本代表狙ってますよ!

お願いだからロシアに連れてってあげて!!!

厳しい勝負の世界だからこそ、それを誰よりもしっているカズを連れてって、一緒に戦うことがきっと日本代表に大きなプラスに働くのではないでしょうか。

試合に出なくてもいいので、、、、いやアディショナルタイムだけでも見たい。眼に焼き付けたい!

というより、マジで出場したら、涙で見えないかもしれない。

しかもカズを連れていけば、現役歴代ゴール数1位ですし、数字的な根拠は十分ですよね。

ということで、何とか 仮想 日本代表 フォーメーション2018 ロシア バージョン  およびスタメンは決まりました。

このあとは、サブメンバー、戦術、予選の展望などを書き綴っていきます。

 

コメントを残す