コンテンツへスキップ


マンチェスターシティ対アーセナル

いよいよ待ちに待ったイングランドプレミアリーグが開幕です。

昨シーズン史上最高の勝点100というとんでもない記録で優勝したマンチェスターシティ。

対するは、昨シーズン6位と今一つの成績で終わったアーセナル。

注目ポイントは、

・進化したマンチェスターC

・22シーズン監督を務めたベンゲル監督に代わってきたエメリ監督(スペイン)。

・新加入選手 マンチャスターC→マレズ(レスターから移籍)

アーセナル→パパスタフプロス(ドルトムントより移籍)

・マンチェスターCの新ユニフォーム(紺×紺×黄)カラフルな縦ラインとソックス

結果は、0-2でマンチェスターシティの勝利

2点共に、サイドで作って中央で仕留める形。

得点者は、スターリングとベルナルド・シルバ

新加入のパパスタフプロス(アーセナル)はやはりプレミアリーグでは厳しい印象。

人には強いが、崩してくるチームへの対応は弱い。更に、ペナルティエリアに

ディフェンス5人もいるのにシュートブロックにも行っていない上にボール

避けてるし。何でドルトムントから買ったのか不明。

一方、マレズは移籍の夢がかなった為かやる気満々で良いプレーをしてました。

やはり、1人でも仕掛けられるって、強みですよね。

逆に、我らが岡崎のレスターが心配です。

エメリ新体制

厳しい船出となりました。内容的にはそれほど悪い訳ではないが、全体的に

何か物足りない印象。チーム戦術が整っていない点とコミュニケーション不足が

感じられる。オーバメヤン・エジル・ムヒタリアン・ラムジーなど良い選手は

揃っているので、彼らが躍動できるチームを作ってほしい。

グラディオラの隣

に見たことある顔が座っていると思ったら、元アーセナルのアルテタじゃないか!

引退してコーチになっていたんだね。監督が熱く語っても淡々と対応している

のが選手時代の冷静なプレースタイルと変わっていない所が面白かった。

監督はきっと同じスペイン人だから一生懸命教えているんだろうな。