コンテンツへスキップ

【寝るまえ◯行日記】♯257

『ワールドカップサッカー男子アジア最終予選』先日行われた「日本」対「オマーン」をDAZNでもう一度観てみた!

2021年11月19日(金)赤口

無性に三苫選手のプレーをもう一度観たくなったので、後半からですが、DAZNで観戦。

DAZNは、キックオフや後半開始のところに印が付いているので、早送りや巻き戻ししなくて良いので快適です。

三苫選手のプレーもさることながら、三苫選手のアシストをアシストした中山選手のプレーも良かったです。

彼がサイドバックに入ってからは、ディフェンス面での安定感が増したのと、前の三苫選手との関係性が良くなりました。

具体的には、三苫選手がサイドに大きく開いて勝負するプレースタイルに合わせて、サイドバックの中山選手は、その外をオーバーラップではなく、内側にインナーラップしてきていました。

角度的には、三苫選手の右斜め後ろあたりです。

そうすることによって、三苫選手のパスコースが増えるのと、相手に取られてもすぐにプレッシングに行けるので、ボールをすぐに奪え返したり、相手の攻撃を遅らせることが出来るようになります。

サイドが縦関係だと、相手が守りやすいので、どうしてもバックパスが増えて、攻撃が停滞しがち。

やはり斜めのズレたポジショニングは重要です。

そんなところも細かく観るとサッカーの楽しみが倍増します。

それと古橋選手の動きも素晴らしかった。

彼が先発から出場して、まわりの選手が彼の特性を理解して、フィットしたら、ものすごいことになりそうな予感。

また、前半の4-3-3から後半の途中から4-2-3-1に変更した森保監督の戦術も良かったと思います。

いずれにしろ、アジア最終予選を3連勝でグループ2位に浮上した日本代表。

年明けから始まるラスト4試合。

なかなかスタジアムには行けないと思うので、DAZNでしっかりと応援しましょう!

☆本日の主な活動☆

また、現在こちらの本でサッカーの知見を得ています。

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

それではおやすみなさい。

Thank you for your time today.

>>翌日の日記はこちら

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

※当サイトはムームードメインとエックスサーバーを利用しています

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1 thought on “【寝るまえ◯行日記】♯257

  1. ピンバック: 【寝るまえ◯行日記】♯256 | ウォーキングサッカー⚽️健康寿命延伸室 JWS

コメントを残す