コンテンツへスキップ

久しぶりのスイーパーシステム


先日の7月21日(日)朝から大宮シニアリーグサッカー第5戦に参加してきました。

場所はJR指扇駅から徒歩30分「宝来運動公園」のサッカー場。

砂まじりの土のグランド。個人的には1番やりやすい。

やはり現役時代はずっと土だったので、なかなか芝や人工芝はフィットしない。

更に人工芝の方が筋肉への負担が大きいような気がするのは気のせいでしょうか?

自分が肉離れするのはいつも人工芝たまに天然芝グランドなのです。

また、土の適度に湿った感じがたまらなく懐かしくてテンション上がりますって、何だか貧乏くさいですね (笑)

シニア(35歳以上)の試合ですが、人手不足のためグランドシニア(45歳以上)多めの参戦。

ということで何と今回はレギュラーセンターバック2人を欠く苦しい布陣。

ここまで、4戦4勝。しかも無失点で絶好調のシーズン。

黄色信号点滅か、、、

ということは、やっぱり、そうなるよな、、、とほほ、、、

私がセンターバックをやることに!

荷が重いとはまさにこの状況のことを言いますよね。

いつもはボランチなのですが、実は、高校時代はセンターバックというかスイーパーでした。

現在スイーパーシステムを採用しているチームはあまりないと思うので知らない方も多いのではないでしょうか?

スイーパーとは掃除人のこと

簡単に言うと、3バックの後ろに配置して、抜け出してくる敵の攻撃をブロックする役割を担うポジションです。

要するにゴールキーパーの前で最後の砦として、守る人です。

現在、4バックの場合、2センターバックと両サイドバックが主流ですが、自分の学生時代(30年以上前の話ですが、、、)は、スイーパー、ストッパーと両サイドバックのチームが多かったように記憶してます。

ということで、誰にも言わずに、内緒でスイーパーシステムを導入してみました。

もちろん、相棒であるもう1人のセンターバックにも内緒です (笑)

運が良いことに今日の相棒はハードプレスタイプの先輩だったので、「どんどん行っちゃってください」とだけ伝えました。

するとこれが功を奏してか、ストッパーとスイーパーのコンビネーションが上手く機能しました。

相手のセンターフォワードが恐ろしく足の速い選手だったので、立ち上がりに1度だけぶち抜かれましたが、そこは、我らの守護神が神セーブで防いでくれてピンチを切り抜けるとその後は安定。

後半に何度か攻め込まれるも私の掃除機と守護神の活躍でクリーンシート(0点に抑えること)で終了。

試合は、前半後半に1点ずつ得点して、結果は2対0と開幕5連勝!しかも未だに無失点と好調を維持。

それにしても勝てて、ホッとした一戦でした。

ディフェンスは責任重大で大変ですよね。

しかしながらチームメートからは、「ポジショニングいいですよね」と言われました。

「バ、バカヤローそんなのほめられても嬉しくねーよ!!コノヤローが」とチョッパー風に心の中で叫んでみました。

振り返って、気がついたのは、ハードなプレッシングが出来るストッパーあってのスイーパーだなと。

1点リードしてからは別の意味で行っちゃって戻って来なくなり、実質ワンセンターバックでしたが、、、

でも両サイドバックの守備意識の高さにも助けられました。

左サイドバックのIさんは、最年長の59歳にもかかわらず、先述した足の速い敵フォワードのマンマークを申し出てくれるなど意識の高さを感じました。

その時は話し合ってゾーンで守ることを確認。

でも、こういう時って、どちらが正解なのか正直わかりませんが、零封したので結果的には間違っていなかったとは思います。

今回は必死のクリアとサイドバックやキーパーへのパスばかりだったのは反省。

次回センターバックをやる時は、ボランチやトップ下への正確な縦パスを入れられるように準備したい。

※試合中に思い切り蹴られてしまった主力選手のSさんがなんと【右腓骨骨折】の診断。とても痛そうでした。お大事にしてください。

50歳超えるとなかなか治らないんですよねー

次のグランドシニアの試合は1ヶ月後なので、そこはスルーして、ゆっくり治してくださいな。

 

【宣伝】最後に、私は千葉県市川市にてウォーキングサッカーの普及活動をしています。もしご興味のある方は下記よりお問い合わせくださいね⚽

 

Follow me!

コメントを残す