コンテンツへスキップ

2022年11月29日(火)仏滅

ワールドカップ・グループリーグ第2戦の『スペイン』対『ドイツ』をじっくり観てみました。

結果は、1-1の引き分けでしたが、ほぼ互角の戦い。

前半はスペインがしっかりポゼッションして圧倒するかに見えたが、後半からドイツが前線からのプレッシングを強めると徐々にペースをつかむ。

そして、怪我明け?のサネの登場から完全にドイツペースに。

サネが起点になり、同じく途中交代のフィルクルクが同点弾を決めた。

日本戦に、この2人が出場しなくて良かった。

このレベルの戦いになると、やはり、個で違いを出せる選手がいるかいないかで決まってくる。

ので、第3戦は、おそらく、コスタリカをドイツが下すことが予想される。

ということで、日本は、スペインに引き分け以上の結果が求められる。

狙い目は、スペインのセンターバックの連携部分。

ドイツが見せてくれたように、前線からのプレスをはめて、奪ってからのショートカウンターで仕留めたい。

そのためには、伊東、南野、三笘の出場は必須。

さらに、スペイン相手にやってくれそうな久保選手を是非見てみたい。

がんばれ、日本!

☆本日の主な活動☆

  • 大学DE勤務
  • 通勤ウォーキング(11,068歩)
  • 『スペイン』対『ドイツ』、『ポルトガル』対『ウルグアイ』をABEMAプレミアムで視聴
  • 読書

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

2022年11月28日(月)先負

そういえば、ワールドカップの初戦で勝ったチームのグループリーグ突破率って結構高かったと記憶しています。

詳しく調べてみると、何と、、、83.6%、、、ってかなりの高確率ですね!

逆に、初戦負けたチームの突破率は、、、11%のようです。

これを日本代表がいるグループEに当てはめると、そのとおり!

われらが日本とスペインが決勝トーナメントに進むんです!

ということは、第3戦目は、『日本』が『スペイン』に2-0で勝って、ドイツとコスタリカが引き分けるというパターンですね。

こうなると、日本の勝点は6、スペイン4、コスタリカ4、ドイツ2となり、『日本』が首位通過。

そして、2位は得失点差でスペインということになります。

これだっ!

念のため、『日本』が引き分けた場合のことも考えときましょう。

スペインは勝点5、日本4、そして、ここでもっともダメなのが『コスタリカ』が勝つこと。

そうすると『コスタリカ』の勝点が6になるので『日本』は3位となって終了です。

なので、ここでは、引き分けになるか、『ドイツ』が勝てばよいということになりますが、そうなると、勝点4で『日本』と並びます。

ここからは得失点差、それでも決まらなければ、総得点、さらには直接対決の結果で決まります。

例えば、『ドイツ』が1-0で勝つと、得失点差は、0。

対する日本は、0と全く同じ。

これだと『ドイツ』の総得点が3となるため、『日本』は『スペイン』戦でスコアレスドローだと突破できません。

とにかく引き分けでもよいが、第3戦は『ドイツ』と同じ得点を取らなければなりません。

そうすれば、、、そう!、、、直接対決の結果で最後は決まっちゃうんです!

ということで、長くなりましたが、『日本』のグループリーグ突破となりました(笑)

※計算など何か間違っていたらごめんなさい。コメントでご指摘くださいませ。

しかも第3戦は同時刻のキックオフなのでリアルタイムで別会場の試合をチェックしながらの戦いとなります。

キックオフ時刻は、12月2日(金)の午前4時。

これは観るしか無いので、今から生活リズムを調整して、当日を迎えたいと思います。

☆本日の主な活動☆

  • 大学DE勤務
  • 通勤ウォーキング(11,659歩)
  • 『クロアチア』対『カナダ』をABEMAプレミアムで視聴
  • ウォーキングフットボールの情報を各種SNSで発信
  • 読書

Twitterにも投稿した内容ですが、カナダは36年ぶりだったが本当に良いチーム。

次の大会は自国開催なので楽しみです。

それにしてもクロアチアは、前回の準優勝の時よりもクオリティー上がってる気がする。

しかも37歳のモドリッチが更に上手くなっているし(笑)

第3戦の『クロアチア』対『ベルギー』も見逃せない、というか、グループFも大混戦でしたー。

今回はグループリーグからヤバい!

面白すぎるぞ、ワールドカップーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

↓↓↓カタール・ワールドカップ観るなら『ABEMAプレミアム』で決まり↓↓↓

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

>>翌日の日記はこちらから

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

2022年11月27日(日)友引

午後1時から埼玉県にてシニアリーグサッカーの公式戦に出場。

試合前のミーティングでは、この試合に勝てば、日本代表もコスタリカに勝てる!という勝手に重いものを背負い込んでのゲームでしたが、無事に、4-0の完勝。

とか言っているとやっぱりワールドカップは甘くない。

0-1での敗戦。

まあ、2試合終わって勝点3は悪くない。

このあと早朝に行われるスペイン対ドイツ戦の結果次第で状況は大きく変わるが、そもそもの予定通り、日本はスペインに勝てばよいだけ。

むしろドイツに勝てたのはラッキーだと思えば良い。

ちなみにスペインが勝つと、スペイン勝点6、日本3点、コスタリカ3点、ドイツ0点。

ただし、この展開でも日本は全然簡単ではない。

日本がスペインに負けて、ドイツがコスタリカに圧勝すると予選敗退の可能性あり。

また、ドイツがスペインに勝つと、4チームともに勝点3という面白い展開になります。

今更ですが、4チームによる予選リーグってよく出来てますね。

だから、ワールドカップって、多くの人を魅了し続けているんだなー。

とりあえず、スペインがドイツに勝って、決勝トーナメント進出を決めれば、3戦目は手を抜いてくれる可能性あり(笑)

それに期待しながら、『果報は寝て待て』としたい、、、ってやるべきことは無いんですけどね(笑)

気持ちを切り替えるために、『フランス』対『デンマーク』戦をABEMAプレミアムで視聴。

前回王者のフランス強い、、、というか、エムバペ2得点ってすご~い!

何気に前回大会より、グリーズマンが活躍しているのは、おそらく、ポグバとカンテがいないかなだろうか。

視野の広さとボールコントロール、キックの精度、そして、アトレティコでやっているだけあって守備もしっかりやってるって、どんだけ~、、、さらに、めっちゃイケメンやし。

これでフランスは2連勝で決勝トーナメント進出決定!

グループDの第3戦『オーストラリア』対『デンマーク』戦は要チェックだなー。

デンマークは勝つしかない状況なので、熱い攻防が観られること間違いなし!

↓↓↓見逃し視聴できる『ABEMAプレミアム』はこちらから↓↓↓

☆本日の主な活動☆

  • ウォーキングフットボールの情報発信
  • シニアリーグサッカー公式戦
  • 『日本』対『コスタリカ』戦をABEMATVで視聴
  • 『フランス』対『デンマーク』をABEMAプレミアムで視聴
  • 読書

話は変わりますが、先月に取材を受けていたウォーキングフットボールの記事が掲載されました。

予想以上に紙面を割いていただいてました!

『市川よみうり』さん、ありがとうございます!

日本NO1スポーツを目指して、さらに精進いたします!

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

>>翌日の日記はこちらから

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。