コンテンツへスキップ

1

2022年4月6日(水)友引

「トマトラーメン」って美味しいのはもちろんですが、体に悪そうなラーメンと体に良さそうなトマトでのプラマイゼロ感が好き。

何ならリコピンが染み渡っている感がとてもあるのでむしろ完全にプラスですね!

ということで帰宅後は、女子プロサッカーのWEリーグ第16節の5試合のうち未視聴だった残りの1試合をDAZNにて観てみました!

試合の方は、3位「三菱重工浦和レッズレディース」対「大宮アルディージャVENTUS」の埼玉ダービーマッチです。

結果は、1点ビハインドからの大逆転で大宮が、1-2で勝利。

浦和はこれで4敗目と優勝するのがいよいよ厳しくなった。

以前から指摘しているが、4-2-3-1でバランスよく戦っているが後半から勢いを失って負けることが多いのでバランスを崩してでももっと激しく最後まで仕掛けて欲しい。

両サイドバックが高い位置を取るのは良いが後ろが手薄過ぎなのが気になるところ。

4バックならダブルボランチではなくてアンカーを1人置くか、スリーバックが良いと思う。

一方大宮はシステムは4-4-2でやり続けて来ているのが選手たちに浸透して誰が出てもしっかり戦える状態まで積み上げてきている。

2得点とも素晴らしいゴールだったが、勝利を決めた有吉選手のミドルシュートには痺れました!

あと仲田選手の右サイドは短い時間だったのでもう少し見てみたかったな。

これでWEリーグは第16節終了して、INAC神戸レオネッサが無敗で、2位に勝点差9をつけて独走状態なので、次節から他チームはINACに土をつけてWEリーグを盛り上げて欲しい。

☆本日の主な活動☆

  • 大学勤務
  • 通勤ウォーキング(9,413歩)
  • DAZNでWEリーグ視聴
  • 読書

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングサッカーとは

おやすみなさ~い。

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

>>翌日の日記はこちら

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1

2022年4月5日(火)清明

清明(せいめい)は、今年5番目の二十四節気。

花が咲き、蝶が舞い、空は青く澄み渡り、爽やかな風が吹く頃を表します。

昨日の雨でいよいよ桜はかなり散ってしまいましたがこれから一気に本当の春が来そうですね。

週末に行われた女子プロサッカーWEリーグ第16節の5試合中3試合はすでに視聴済み。

今日は残りの2試合のうちの1試合をDAZN観戦しました。

試合の方は、7位「アルビレックス新潟レディース」対10位「ノジマステラ神奈川相模原」の下位チーム対決でしたが両チームともリーグ後半になってから良い内容になってきているので見どころ満載でした。

結果は、1-2でアウェイのノジマステラが勝利。

新潟も最後まであきらめずに戦う姿勢は見せたが追いつかず。

そしてノジマステラは前節0-3の完敗から3-4-2-1のフォーメーションは変えずに選手を変更したことがとても良かった。

特に、杉田選手をボランチ、脇坂選手をシャドーに入れ替えたところがかなり機能していた。

杉田選手と小林選手のダブルボランチは攻守にわたって中盤を支配。

加えてワントップに戻ってきたサンデイロペスのポストプレーとシャドーの松本選手がそれぞれ得点を決めたのは監督の狙い通りではないかなと。

サンデイの後ろに2シャドーは距離感もよいので新潟の2センターバックでは捕まえづらそうだった。

その3人(サンデイ→脇坂→松本)による先制点は鳥肌モノのスーパーゴールでしたので是非ともDAZNでチェックしてくださーい!

今後のノジマステラは要チェックです!

☆本日の主な活動☆

  • 大学で働く
  • 通勤ウォーキング(8,991歩)
  • DAZNでWEリーグと「内田篤人のFOOTBALLTIME」を視聴
  • 読書

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングサッカーとは

おやすみなさ~い。

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

>>翌日の日記はこちら

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1

UEFA女子チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ「パリ・サンジェルマン」対「バイエルン・ミュンヘン」をDAZN観戦した!

2022年3月31日(木)赤口

女子のチャンピオンズリーグって観たことありますか?

私は記憶にないので観たことないと思います。

これがまた凄いことになっているのです。

パリのホームスタジアムであるパルク・デ・プランス(収容人数約48,000人)はさすがに満員とまではいきませんが、ゴール裏のパリ・サンジェルマンのサポーターがヤバい。

声出しどころか上半身裸の輩たちが何人もいて大声出しての大盛りあがり。

た、楽しそう、、、人生楽しんだもの勝ちと言っているようなもの。

中にはピッチに背を向けて飛び跳ねている人もいたりして、もはやサッカーの試合を観に来ているのではなくて、雰囲気を満喫しに来ているんだなと。

この試合は、2-2の引き分けでしたが、1stレグで2-1でパリが勝っていたので、合計4-3でパリが準決勝進出を決めました。

90分では決まらずに延長までもつれた熱くて激しい戦いでした。

それにしてもスピードとパワーはWEリーグと比べてかなり上だがスキルは負けていないかなと。

ただし、スキルは圧倒できるほどの差はないので、世界レベルのスピードとパワーに慣れていないとなでしこが世界一に返り咲くのはしばらくかかりそう。

現在、女子チャンピオンズリーグで戦っている日本人は、この試合にもスタメンフル出場した熊谷選手とアーセナルの岩渕選手だけなので、今後はWEリーグ→ヨーロッパ移籍の流れが増えてきて欲しい。

それにしてもこんな激しいリーグで外国人としてセンターバックでレギュラーになっている熊谷選手って改めて凄いなと思いました。

また、カンプノウで行われたバルセロナ対レアル・マドリードの試合は、女子サッカー史上最多9万1553人が入場したそうです。

どんだけ~

ますます熱い欧州女子サッカーをDAZNで観戦してみましょう!!!

☆本日の主な活動☆

  • 某大学で勤務
  • 通勤ウォーキング(12,530歩)
  • DAZNで女子チャンピオンズリーグを視聴
  • 読書

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングサッカーとは

おやすみなさ~い。

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

>>翌日の日記はこちら

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。