コンテンツへスキップ

WEリーグカップ「ちふれASエルフェン埼玉」対「三菱重工浦和レッズレディース」の試合を観に行ってきました!

2022年9月25日(土)埼玉県熊谷市にある「熊谷スポーツ文化公園陸上競技場」へ初来訪。

チケットは事前にネットで購入。

メインスタンド(一部除く)とゴール裏のエリア指定席で約1,700円(手数料込み)とリーズナブル。

1、熊谷天然温泉 花湯スパリゾート

当日は、同じ埼玉県の大宮周辺で自分のサッカーの試合があったため、そこからは、下道で約1時間と楽ちんドライブでしたー

そして、14時頃の到着でしたが、キックオフの17時までは約3時間。

これは余裕でサウナー出来るということで事前に調べておいた「熊谷天然温泉 花湯スパリゾート」にレッツゴー!

しかも車だとスタジアムの隣と言っても過言じゃないくらい目と鼻の先。

スーパー銭湯と呼びたいところだが、どう考えてもスーパーではなかった。

超ウルトラスーパー銭湯でした!

どこがウルトラなのかをまとめてみました。

  1. 駐車場がどでかい
  2. ロッカーが大きい
  3. 露天風呂の敷地面積が半端なく広い
  4. シャワーとカランが自動で止まらないので何度も押さなくて良い
  5. グルーミングスペースが広すぎてどこに座ったら良いのかわからない(ヘアトニック・ヘアリキッド・コンディショナー・綿棒など完備)

もちろん、お風呂のバリエーションも豊富。

覚えているだけで、

源泉かけ流しのヒノキ風呂、岩風呂、壺湯、寝湯、あつ湯、水風呂、そして、高濃度炭酸泉、シルク風呂、座湯、ジェット風呂、電気風呂、と豊富なラインナップ。

当然、サウナもあるでよー。

これだけ揃って、お値段、何と、950円(平日800円)とお得でしかない!

この他にも別料金になるが、手もみ処やら、岩盤浴やら、アカスリやら、たかの友梨やらなんやらと把握できないくらい盛りだくさん。

これは家族や友人と来てもなかなか楽しめるんじゃないかな。

熊谷に来たらまた行こうと強く思いました!

超絶オススメです!

整ったところで、いよいよメインイベントのWEリーグ観戦へ向かいます。

2、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場外

無料の駐車場がたくさんあるが、事前の調査で、P6かP7がスタジアムから近いということを知っていたのでスムーズにストップ。

すぐとなりには、ファーマーズレストランなるものがあったが営業は終了していました。

次回はこちらでご当地グルメの熊谷うどんでも食べようかなー

駐車場からはスタジアムが見えているので迷わず到着。

16時頃の到着でしたがキッチンカーの周りには結構な人数が集まっていました。

当日のキッチンカーは8台の出店。

カレー、唐揚げ、ケバブ、ベーグル、もつ煮、フルーツサンドなどバラエティ豊かな店舗が揃っていました。

ぐるっと確認した後、お目当てのお店へGO

選んだのは【グッとキッチン】さんの「チーズケバブ」700円。

手作り感満載で美味しでしたー

んー、ビールと合いそう、、、だが飲めず、、、

3、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場内

試合は、日本女子プロサッカー「WEリーグ」のカップ戦。

ホーム「ちふれASエルフェン埼玉」対「三菱重工浦和レッズレディース」のさいたまダービーマッチ。

ゴール裏の芝生席が無い点以外は、相模原ギオンスタジアムに近い、広々として気持ちの良いスタジアムでした。

試合前のオープニングセレモニーで学生によるダンスなどがあり楽しい雰囲気。

やはり、サッカーだけではなくて、余興と言うか、試合の前後も合わせてのサッカー観戦だと思うので、ここにどれだけ力を入れるのかがリピーター獲得のための重要なポイントです。

そういう意味では、エルフェンさんが取り組んでいたエントランス前での化粧品やソース?などの無料配布も良い思い出の1つになるのではないでしょうか?

今後もスタジアムに行ってよかったと思えるような施策をドシドシ打ち出して欲しい。

当日は、日曜日の午後5時のキックオフでしたが、入場者は、1,755名と予想よりも多くの人が入ってました。

この時間帯だとサッカー少年や少女も練習後に来れる可能性があるので良いかもしれません。

但し、試合開始と同時に気温が低下。

半袖一枚だと厳しかったので、ハーフタイムに車に置いてあった上着を取りにいき、事なきを得ました。

秋冬は暖かい服装で出かけましょう!

また、いつもだと陸上トラックについてのクレームを言うところですが、これがまた、思っていたよりも遠くなくて非常に見やすかった

特に、こちらの画像のようなポジショニングがオススメです。

少しだけ後ろの席にすると角度がついてバッチリ見えますよー

試合の方は、0-2でアウェイの浦和が勝利して、決勝進出決定。

とっても熱くて見ごたえのあるダービーマッチでした。

当日は晴天でしたが、雨天の場合は、屋根があるため、メインスタンドの上部は大丈夫そうなことを追記しておきます。

帰りは、3連休最終日ということで渋滞のため、途中サービスエリアで休憩しながらの約2時間超の旅でしたが、空いていれば2時間を切れそうな距離感でした。

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

2022年9月26日(月)先負

週末に行われた女子プロサッカー「WEリーグ」のカップ戦4試合中3試合は視聴済み(1試合はスタジアム観戦)。

残りの1試合「INAC神戸レオネッサ」対「サンフレッチェ広島レジーナ」戦をYou Tubeで自宅観戦しましたー

結果は、2-1で我らがレジーナの敗戦。

これでカップ戦の成績は、2敗2分とまさかの未勝利で終了。

この試合も先制するもつまらないファウルでPKを与えてしまうなど今一つな内容。

但し、チーム全体の戦力は揃ってきているので、カップ戦はプレシーズンマッチだったということにして、10月23日の開幕戦に照準を合わせれば良いかなと。

そこで4試合を振り返って、この後、どのように改善をするべきかを考えたいと思います。

一番の問題点は、ズバリ、守備面です。

4試合で、得点5、失点9と明らかに点を取られすぎている。

特に、2センターバックを打ち破られるケースが目立つので、ここにメスを入れるべき。

中盤では、明らかに近賀選手のパフォーマンスが良くないのと、逆に増矢選手が復調してきているので、それらを加味したスタメンを発表したい。

現状の4-2-3-1でも悪くはないが、昨シーズンのときも提案させていただいた、3-4-2-1を再度推奨したい。

まずは、スリーバックにして真ん中を安定させることが最優先。

その前の4枚は若さで攻守に走ってアグレッシブに戦って欲しい。

右のウィングバックに川島選手を置くことで、後ろからのビルドアップの安定に期待。

このところ、ディフェンスラインからのロングボールが目立っているため、それでは試合の主導権は握れない。

塩田選手は守備強度素晴らしいが、もともと中盤の選手なので、十分出来るはず。

なので、中盤までは右サイドで組み立てて、そこからはボランチを経由して左サイドに展開。

そこからは、中嶋選手、増矢選手で崩して、最後は、瀧澤選手、上野選手で決めるといった流れ。

これをメインの戦術として取り組めば、相手にとって脅威になるはず。

考えただけでワクワクしてきましたー、って、完全に妄想族ですね(笑)

ということで、WEリーグの開幕は、10月22日(レジーナは23日)としばらく空きますが、もし、ここまでWEリーグカップあまり見ていないよー、という方は、この機会に是非観てくださーい。

それと、10月1日のカップ戦決勝は要チェックです。

きっと浦和とベレーザがこれ以上ない熱い戦いを観せてくれるはず。

マジで観に行きたいが、土曜出勤のため断念!残念!

とりあえず、INACとレジーナの試合のリンクを貼っておきまーす。

☆本日の主な活動☆

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1

2022年9月25日(日)先勝

54歳にして、本日も2つの初めてがありましたー

1つ目は、埼玉県熊谷市にある「熊谷天然温泉 花湯スパリゾート」です。

いつも行っているスーパー銭湯の2倍から3倍の規模感。

特に、露天風呂のスパースが広くて半端ない!

さらに、源泉かけ流しのヒノキ風呂、岩風呂、壺湯、寝湯、あつ湯、水風呂、そして、高濃度炭酸泉、シルク風呂、座湯、ジェット風呂、電気風呂、と豊富なラインナップ。

どんだけ~

全て揃っています!

そして、地味に良いのが、シャワーが途中で止まらない仕様なのです。

施設によっては、押してからすぐに止まってしまうので、頭を洗うのに何回押さにゃあかんねん!となる場合ありませんか。

こちらの花湯さんは、自宅と全く一緒なので快適~。

下駄箱やロッカーも100円玉とか要らんしー、細かい配慮が行き届いておりますな。

しかもロッカーは受付で指定されたところを使うので、空いているところを探す必要なし。

さらにたっぷりな大きさなので使いやすい。

締めくくりのドライヤーなどが置いてあるグルーミングスペースは、数え切れないほどの席が用意されており、快適でしたー

ヘアトニックやリキッドも設置されていたので、テンション上がって、トニックを使ったら、勢いよく出しすぎて、目に入っちゃいました(笑)

やばいです。

これで、土日祝950円(平日800円)って。

他にも、アカスリ、エステやヘアーサロンなど女性が喜びそうなリラクゼーションが充実。

熊谷の近くに来たら是非立ち寄ってみてくださーい。

そして、2つ目は、「熊谷スポーツ文化公園競技場」

何と、偶然にも、先ほど紹介した花湯スパリゾートの目と鼻の先、というか車なら隣と言っても良い距離でしたー

女子プロサッカー「WEリーグ」のカップ戦を観戦。

「ちふれASエルフェン埼玉」対「三菱重工浦和レッズレディース」の埼玉ダービーマッチでした。

陸上競技場のため、トラックはありましたが、少し上の席から見るとそれほど遠くに感じることなく、とても見やすいスタジアムです。

試合結果は、0-2で浦和の完勝。

これで浦和は、グループ首位のため、10/1の決勝への進出が決定しました。

行きは、さいたま市でサッカーシニアリーグの試合を行なってから向かったので、1時間程度で到着。

帰りは、3連休の最終日ということで多少渋滞に巻き込まれましたが、2時間で市川市まで帰ってくることが出来ました。

相模原ギオンスタジアムと比べるとやや距離的に遠いですが都内を通らずに行けるので、今後もタイミングが合えば、熊谷に訪れたいと思います。

次回は、食べ損ねた「熊谷うどん」にチャレンジしまーす!

やっぱり、何歳になっても初めての体験って、新たな発見があるので楽しいですね。

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

>>翌日の日記はこちら

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。