コンテンツへスキップ

千葉で過ごすお盆休み Part4~川の家編~


前回のPart3〜養老渓谷編〜からの続きです、、、

養老渓谷駅から、いよいよ宿泊先へ向かいま〜す。

車で5分程度走ると右手に看板が、、、

国道(県道かも)から右折すると車一台しか通れないような小さなトンネルがあって、そこを抜けると左に宿が見えてきました!

今回の宿はこちらです↓

温泉旅館【川の家】

その名の通り、養老川沿いにある小さな旅館

予想通りの昭和レトロな佇まい

玄関を入るとロビーです、、渋い!

迎えてくれた女将さん?に車をどこに止めたらよいか尋ねるとその辺に適当に止めてくれれば的な対応、、、嫌いじゃないぞ!

むしろ、いい感じじゃないか!

しかも笑顔も雰囲気も◎

私たちの部屋は2階らしいのでついていくとまもなく到着

10畳と別に洗面所とトイレ付きのシンプルなお部屋。全く問題なし!

しかもウォシュレット!最高かよ!

夕飯は18時から。1時間ほどあるので、ひとまず温泉のある1階へ。

温泉は23時までで、朝は6時から10時まで。

夜と朝で男湯と女湯が入れ替わるシステム。

上の画像の右の風呂が2人でちょうど良いくらいのコンパクトなタイプ。こちらは混んでて写真撮れず。

左が洞窟温泉というタイプ。3〜4人入れて、とても気持ちいい湯加減でした。

温泉自体は、黒湯というらしく、画像のように確かにしたは全く見えないです。また、別名「美肌の湯」と呼ばれているそうで、湯上りはかなり肌がスベスベしました。

予想以上にアメニティーが揃っていて全く問題なし。掃除もしっかりされてますよ。

夕飯は部屋の目の前の別室へと移動です。

部屋から約5歩と超近い!

開けると、こんな感じで広々個室です。

レストラン、広間や部屋食より、コレが一番贅沢でとても良かったです!

従業員や他のお客さんがいないので、家族団らんを満喫出来る素晴らしい空間でした。

今回は地元千葉県にしてコスト削減したので、料理だけは奮発いたしました!

今回のコース

【美食三昧】二種鍋チョイス✖️鮑踊り焼き欲張りプラン

アワビに行く前に鮎の塩焼きや山菜などの郷土料理堪能。

あっ、エビの右横にいる鮎の塩焼きを写真に入れ忘れました。

鮎、エビと刺身を食べた時点で全て好きな味。

いやぁ、このとき既に、ビールの大瓶完飲。

酒が進んで止まらない!

部屋の近くにスタッフさんが待機してくれているので、注文するとすぐに持ってきてくれます。

だいぶ、酔いがまわってきたので、この後はレモンサワーを2杯だけで許してあげました。

話を料理に戻します。

そういえば、今回はアワビと鍋がメインでますが、さらにコレが付いてました。

重箱に入ったうなぎです。ちょっと小さめなところが丁度いい。

関東風ではなくて、蒸さないで焼く関西風のようです。

酒のつまみに最適でした。さらに家内の分を半分分けてもらいました。

そして、いよいよ本日のメインディッシュ

人生初のアワビの踊り焼きです。

始めはあまり動きませんでしたが、バターを入れると、パックンチョ!

私も子供とテンションMAX‼️

動画はこちらです。

思わず奇声をあげてしまいました。個室で良かったです。

食感も歯ごたえ十分で、とても美味しく頂きました。

続いて、イノブタ鍋です。

名前のとおり、イノシシとブタを掛け合わせた品種。

臭みが全くなくて、柔らかくて家族全員ペロリンチョでした。

どの料理も予想以上に美味しくて、満足満蔵でごわした。

あと、やはり家族で個室はとても楽しかったです。

理由としては、いつもは誰も笑ってくれない親父ギャグもウケやすいことが判明。

最高の晩餐でした!

Part5へ続く、、、

Follow me!

コメントを残す