コンテンツへスキップ

【寝るまえ◯行日記】♯241

DAZNで、WEリーグ第7節「日テレ・東京ベルディベレーザ」対「アルビレックス新潟レディース」を観戦した!

2021年11月3日(水)文化の日 先勝

先週末にベレーザのホームで行われた一戦をDAZN(ダゾーン)で観戦。

第7節の5試合中、3試合目の視聴です。

WEリーグが始まってから、今の所、ほぼほぼ、全試合をDAZNまたはスタジアムで観戦しています。

こちらの試合は、結果からいうと、ベレーザが2-0で勝ちました。

ベレーザは、新潟のカウンターを警戒したのか、フォーメーションをいつもの4-3-3から4-1-4-1にして、少し守備を意識した布陣。

前半は、再三、左サイドの北村選手から左足の素晴らしいクロスが上がっていたが決めきれず。

しかも左利きかと思ったら、右利きでした。

先制点もその北村選手のクロスをディフェンダーが触ってのオウンゴール。

あれはしょうがないかな。

後半は、ワントップになった小林選手の振り向きざまの豪快なシュートが決まって、2-0。

新潟は、3、4回ほど決定的なチャンスがあったが、一度も決められなかったのが痛かった。

どれか決めていたら、試合はわからなかった。

あと、気になったのが、いつも右サイドの滝川選手が左になっていたが、あまり意図を感じられず、実際に良くなかったかな。

新潟のストロングポイントは、左サイドバックの北川選手なので、もっと彼女が左足でクロスを上げられる戦術を考えたほうが良いかもしれませんね。

サイドハーフやボランチがボールを持った時に前へ前へと急ぎすぎているので、もう少し溜めを作って、北川選手がオーバーラップする時間が欲しい。

さらに、ツートップのどちらかが絡むと良いですが、あまり見られませんでした。

まあ、道上選手がキーパーと1対1になったのと、バーに嫌われたのを決めていれば、引き分けでしたけどね。

結局の所、新潟はそれほど悪いわけではないので、決めるところを決めれば、もう少し上位に行けると思います。

次節、ベレーザは、マイナビ仙台レディースとの上位対決。

両チームともポゼッション型のチームで、テクニックのある選手が揃っているので、今から試合が楽しみです。

めちゃめちゃスタジアムで観たいけど、仙台のホームだったので我慢します。

ということで、皆さまも一緒にDAZNでWEリーグを応援しましょう!

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

☆本日の主な活動☆

  • ウォーキングサッカー体験会主催・運営
  • Photoshop&Illustratorで画像編集
  • ブログ投稿:バーミヤンでハッピーアワー
  • DAZNでWEリーグを視聴
  • メルカリ発送
  • 読書

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

それではおやすみなさい。

Thank you for your time today.

>>翌日の日記はこちら

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1 thought on “【寝るまえ◯行日記】♯241

  1. ピンバック: 【寝るまえ◯行日記】♯240 | ウォーキングサッカー⚽️健康寿命延伸室 JWS

コメントを残す