コンテンツへスキップ

冨安選手所属のアーセナルが3点差で快勝!

DAZNでイングランド・プレミアリーグサッカー第18節「リーズ」対「アーセナル」を観戦しました!

12月19日に「リーズ・ユナイテッド」のホームスタジアム『エランド・ロード』で行われました。

昨年の2020-21シーズンでいうと、リーズ9位、アーセナル8位の戦いだが、今シーズンは、リーズ16位、アーセナル4位とリーズは苦戦を強いられている。

リーズは2018年からマルセロ・ビエルサ監督を迎えてプレミアリーグのひとつ下のカテゴリーであるEFLチャンピオンシップにて2019年に優勝して、2020年よりプレミアリーグに昇格してきたチーム。

そこからの昨年の9位は素晴らしい躍進であることは間違いない。

そのビエルサ監督の戦術が独特なんですが、一言でいうとマンマークで守るということです。

この試合を見るとアーセナルのFWラカゼットにはリーズのDFコッホがどこまでも付いていく戦術。

通常のゾーンディフェンスだと相手FWが中盤まで降りていっても意識はしながらも付いてはいかず、そして、自分の守るべきポジションエリアに入ってきたら行く感じですが、この試合では、ラカゼットがボランチのポジション辺りまで下がってきたのに対してもしっかりとセンターバックのコッホが付いてきていました。

但し、この戦術のポイントは1対1で抑えることにあるが、アーセナルのような上位チームには当然ながら技術のある選手が揃っているので外されてしまうケースが出てきます。

加えて、アーセナルのアルテタ監督も相手の戦術が分かっているので、ラカゼットが下がることにより空いたスペースを両サイドのマルティネッリとサカが入り込んでの攻撃を仕掛けるなどして結果、ふたりがそれぞれ得点を取った狙い通りの展開でした。

特に右サイドのサカ選手が中央さらには左サイドまで流動的に動くことによって相手のディフェンスが混乱してチャンスを何度も演出していました。

また、リーズの狙いは1対1でボールを奪ってからのカウンター狙いが多いため、この試合に関しては、右サイドの我らが冨安選手は前述の通り、1つ前のサカ選手が右サイドからいなくなることが増えるので、守備に重心を置いたポジショニングを取っていたものと考えられます。

実際に守備面ではほぼパーフェクトに相手を抑えておりました。

しかしながら、冨安選手が何と60分過ぎくらいにふくらはぎの負傷のため交代したことが心配です。

軽症で済むことを祈っております。

ということで、試合は、1-4でアーセナルの完勝。

これで3連勝で4位をキープ。

3位のチェルシーとの勝点差は、6ポイントと迫ってきました。

初月無料の動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」でサッカーライフを満喫しよう!

そんなこんなで、ますます熱い戦いが続くイングランドサッカーのプレミアリーグを心ゆくまで楽しめる「DAZN(ダゾーン)」。

まだ利用したことない人はこの機会に是非使ってみて下さい!

トライアル1ヶ月無料のリンクをすぐ下に貼っておきますので良かったら使ってみて下さいね。

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

ちなみに「DAZN」はとっても安心設計。

途中解約や停止など、簡単にいつでも出来るので、お気軽に使ってみて下さい。

例えば、シーズンオフの月は、一度停止して、シーズンが始まったら、再開するなど、月単位にはなりますが、とっても使い勝手が良いのです。

以上、ウォーキングサッカーJWS代表の渡辺敏弘でした。

Thank you for your time today.

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1 thought on “冨安選手所属のアーセナルが3点差で快勝!

  1. ピンバック: 【寝るまえ◯行日記】♯287「忘年会IN恵比寿」 | ウォーキングサッカー⚽️健康寿命延伸室 JWS

コメントを残す