コンテンツへスキップ

2022年11月29日(火)仏滅

ワールドカップ・グループリーグ第2戦の『スペイン』対『ドイツ』をじっくり観てみました。

結果は、1-1の引き分けでしたが、ほぼ互角の戦い。

前半はスペインがしっかりポゼッションして圧倒するかに見えたが、後半からドイツが前線からのプレッシングを強めると徐々にペースをつかむ。

そして、怪我明け?のサネの登場から完全にドイツペースに。

サネが起点になり、同じく途中交代のフィルクルクが同点弾を決めた。

日本戦に、この2人が出場しなくて良かった。

このレベルの戦いになると、やはり、個で違いを出せる選手がいるかいないかで決まってくる。

ので、第3戦は、おそらく、コスタリカをドイツが下すことが予想される。

ということで、日本は、スペインに引き分け以上の結果が求められる。

狙い目は、スペインのセンターバックの連携部分。

ドイツが見せてくれたように、前線からのプレスをはめて、奪ってからのショートカウンターで仕留めたい。

そのためには、伊東、南野、三笘の出場は必須。

さらに、スペイン相手にやってくれそうな久保選手を是非見てみたい。

がんばれ、日本!

☆本日の主な活動☆

  • 大学DE勤務
  • 通勤ウォーキング(11,068歩)
  • 『スペイン』対『ドイツ』、『ポルトガル』対『ウルグアイ』をABEMAプレミアムで視聴
  • 読書

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

1

2022年11月24日(木)

昨日の日本対ドイツ戦は観ましたか?

私のスコアレスドローの予想は見事に外れて、2-1で、我らがニッポンが歴史的な勝利をつかみ取りました!

それにしても、森保監督の采配は神ってましたね!

フォーメーションの変更のみならず、途中出場した三笘、南野、堂安、そして、決勝ゴールを決めた浅野選手と大活躍でした。

特に、同点に追いついたシーンは、三笘選手のカットインからのパスに反応した南野選手のクロスに、浅野選手が飛び込み、ノイヤーが弾いたところを堂安選手が冷静に決めました。

この瞬間、私は、感情が高ぶりすぎて、奇声を上げながら、両手で、両ももの外側を激しく叩いて喜ぶといった人生で初の行動に出ました(笑)

54年目にして、自分は本当に嬉しい時は、このような行動を取るということが新たに発見することができました。

約29年前の『ドーハの悲劇』の当事者である森保監督の思いがヒシヒシと伝わってくる戦いぶり。

特に、後半は、その思いをしっかりと受け取った選手たちがあきらめるどころが、勢いをましてピッチを駆けめぐり、ドイツを圧倒。

きっとドイツの選手からみたら、日本の選手は怖かったんじゃないかと思います。

この試合だけで見れば、日本の方が明らかに覚悟が上でした。

ドイツはチームとしてまとまりが全然見えなかった印象。

次のコスタリカ戦は楽な試合ではないが、勝てる相手なので、しっかりと勝点3をゲットして、決勝トーナメントに進んで欲しい。

☆本日の主な活動☆

  • 大学DE勤務
  • 通勤ウォーキング(9,111歩)
  • ABEMAプレミアムで『ベルギー』対『カナダ』を視聴
  • 読書

昨日は3試合と観すぎて疲れたので、本日は、『ベルギー』対『カナダ』戦のみを視聴。

カナダは先日、日本代表との試合で2-1で勝利した好チーム。

世界ランキングは41位ですが、同2位のベルギー相手に一歩も引かずにというか、むしろ優勢でした。

しかしながら、PKも含めて、多くのチャンスをものにすることが出来ずに、0-1の敗戦。

ベルギーは守備が強いのと、ゴールキーパーのクルトワが凄すぎて、全く点が入る感じがしなかった。

シュートストップだけなら、確実にノイヤー以上ですね。

個人的には、日本対ベルギーをワールドカップの舞台で観たいので、決勝トーナメントで当たることを願っています。

そんなこんなで、ワールドカップを好きなときに好きなだけ観れる『ABEMAプレミアム』は超絶オススメです。

まだ使っていない方は迷わず下記リンクにて詳細チェック&申し込みましょう!

見逃し視聴で、ここまでの全試合やハイライトも観れますよー

↓↓↓『ABEMAプレミアム』はこちらから↓↓↓

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

>>翌日の日記はこちら

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。

カタールワールドカップを観るなら○○○TVで決まり!

2022年11月23日(水・祝)勤労感謝の日

昨晩の『デンマーク』対『チュニジア』の試合は、0-0の引き分けでしたが、なかなかのしびれる内容でした。

世界ランキングでいうと、デンマーク10位、チュニジア30位の戦いでしたが、ほぼ互角。

ランキングだけでどちらが勝つとかは判断は出来ませんが、上位同士の試合になればなるほど、緊張感も増してきて、ワクワクドキドキしてきます。

これぞワールドカップ!ですね!

☆本日のワールドカップABEMA視聴☆

  • 『フランス』vs『オーストラリア』→ABEMAプレミアムで視聴
  • 『アメリカ』対『ウェールズ』→ABEMAプレミアムで視聴
  • 『日本』対『ドイツ』

>>おすすめ記事:カタール・サッカーワールドカップを観るなら○○○TVで決まり!

1、前回王者の世界ランキング4位『フランス』と予選プレーオフでの出場を決めた同38位『オーストラリア』の試合

本日予定指定していたウォーキングフットボールの会は、あいにくの雨のため中止に。

これは、ワールドカップを見るっきゃないですよねー

まずは前回王者のフランスをチェック。

結果は、4-1でオーストラリア相手に圧勝。

ただし、オーストラリアも先制するなど、十分良くやったと思います。

最後は個の力の差を見せつけられたかなと。

エムパペ、デンベレと1人で打開できる選手がいるのはフランスの強み。

個人的には、グリーズマンがやっぱり素晴らしい。

序盤は、前の方に張りすぎていて、上手くいかなかったが、先制を許してからは、ゲームメイカーとしての抜群のセンスとテクニックをいかんなく発揮。

このことによって、フランスは完全に主導権を握りました。

前回大会よりも攻撃陣は充実しているので、ポグバ、カンテがいない穴をどのように埋めるのかが連覇のポイントだと思っています。

2、世界ランキング16位『アメリカ』と64年ぶりの出場『ウェールズ』

ギャレス・ベイル率いるウェールズ。

さすがにヨーロッパ予選をギリギリで突破してきた実力が見えた試合。

アメリカに先制されるも全く動揺する気配なし。

それはそうですよね。

アメリカよりも上位のチーム相手に予選を勝ち抜いてきたんだもん。

むしろ1点取られてからのウェールズの攻撃にアメリカが対応できていなかった印象。

結果、ベイルがPKを獲得、そして、決めるという、ウェールズにとっては、期待した通りの展開。

試合の方は、1-1の引き分け。

やはり、このレベルになると、緊張感の高い、拮抗した戦いになりますわ。

3、世界ランキング24位の我らが『日本』対同11位の『ドイツ』との待ちに待った一戦

現在の時刻は、11月23日20時22分。

キックオフまで約1時間半。

日本戦を観終えたら、すぐに寝る予定なので、結果やレポートは明日の日記に書く予定です。

このあと、予想を述べたてからすぐに投稿しまーす。

日本対ドイツの結果は、、、0-0のスコアレスドローと予想します。

がんばれーニッポン!!!

↓↓↓ワールドカップを好きなときに好きなだけ観れる『ABEMAプレミアム』はこちらから↓↓↓

スポーツを自宅でテレビ観戦していると身体を動かした気になりますが、1ミリも運動になっていませんので運動不足になりがち。

ということで、私はクリーンスパにて、しっかりとジムトレーニングをしてきましたよー。

最近さぼっていた筋トレでしたが、時間を見つけて鍛えないといけないなと改めて思いました。

週一は難しそうなので、月2くらいのペースで取り組もう!

特に、ヒザが弱ってきているので、重点強化していこう!

以上、千葉県市川市にてウォーキングフットボールの普及活動をしている「PPK Walking Football」 代表の渡辺敏弘でした。

>>ウォーキングフットボールとは

★とっても便利!わたなべ室長の「ブログの更新情報」を受け取れますので、お気軽にメールアドレスをご登録ください(無料)↓↓↓

>>翌日の日記はこちらから

最後までお読み下さってありがとうございます。良かったら、シェアしていただけると嬉しいです。